【プレスリリース考察】弁護士ドットコムがテイクアンドギヴ・ニーズと共催セミナー開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【プレスリリース考察】弁護士ドットコムがテイクアンドギヴ・ニーズと共催セミナーを開催_

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、8/26に出た「弁護士監修の国内No.1電子契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコムが、ブライダル最大手のテイクアンドギヴ・ニーズと共催セミナーを開催!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 弁護士ドットコム株式会社
配信日時 2019年8月26日 15時30分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000044347.html
タイトル 弁護士監修の国内No.1電子契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコムが、ブライダル最大手のテイクアンドギヴ・ニーズと共催セミナーを開催!

Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコム株式会社は、ブライダル業界最大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズとの共催セミナーを2019年9月19日(木)に開催いたします。

顧客のニーズが多様化する中、ブライダル業界において、顧客満足・顧客生涯価値(LTV)の最大化の重要性が高まっています。しかし、高額なCRMシステムに投資をすればすべてが解決するかといえばそうではありません。CRMを導入にあたってのデータ設計、どのようにデータを集めるか、集めたデータをどのように活用するのかの「運用」が重要です。

弁護士ドットコムは、導入社数5万社を突破したWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」に続き、対面での申込み・契約に特化した「クラウドサインNOW」を2019年秋にリリース予定です。結婚式場で大量に発生している紙による対面申込みを「クラウドサインNOW」に置き換えることで、データ入力作業の時間と費用、保管・管理のスペースと手間を削減できます。また、契約書情報をデータベースに即時データ化することで、日次の受注データの分析、顧客種別、エリア別の売上分析に役立てることができます。

テイクアンドギヴ・ニーズは、グループで年間20,000件の挙式を実行する業界最大手の経験と実績を活かしてCRM運用代行サービス「ANCHOR」の提供を行っています。ビジュアルに長けたE-mailの制作配信を起点に、データ蓄積管理・シナリオ設計、コンテンツ企画・制作、KPIレポーティングなど幅広くマーケティング支援をしています。

ウエディング業界においてどのようにデータを集め活用をするのか。この2社がタッグを組み、申込書などの「ペーパーレス化」「自動データ化」による生産性の向上、自動化された顧客データの可視化、それを生かしたCRM戦略についてご紹介します。

■セミナー概要

  • セミナータイトル:【ブライダル業界向け経営セミナー】ブライダル業界が高額なCRMシステム投資を今すぐやめるべき5つの理由
  • 開催日時:219年9月19日(木)14:00-16:00(開場・受付13:30〜)
  • 開催場所:アーフェリーク白金( https://www.tgn.co.jp/hall/shirogane/as/ )
  • 共催:弁護士ドットコム株式会社、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
  • 参加費用:無料
  • 申込:http://ptix.at/MnudK5

定員:50名予定

〈スケジュール〉

13:30~

開場&受付

14:00〜14:40

1部: 「何故メールだけで5,000人ものお客様が記念日レストランに訪れたのか」

T&Gグループでは最先端のメールマーケティングを駆使し、挙式前のお客様、挙式後のお客様とコミュニケーションを取り続けています。アニバーサリーサービスとして象徴的な記念日レストランは右肩上がりの集客に成功し年間5,000人の動員を実現している他、数千件におよぶメールアンケート回答を得て店舗に負荷をかけることなくCS向上や営業効率向上に活用しています。働き方改革に採用コストの高騰など人的負荷軽減が喫緊の課題となる中でコミュニケーションコストを最低限に抑えながら顧客との関係を継続する仕組みを豊富な実例を挙げてご紹介します。

【スピーカー】
株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 新規事業開発 部長 岩田 能

14:40〜15:20

2部: 「クラウドサインNOWで実現 業務自動化とデータ分析による店舗経営改革」

データの活用には顧客情報・申込情報のデータ化が必須です。申込書などの「ペーパーレス化」「データ化」に必要な転記などの事務作業の自動化を実現するツール・データの活用方法についてお伝えいたします。

【スピーカー】
弁護士ドットコム株式会社 取締役 クラウドサイン事業部長/クラウドサインNOW責任者 橘 大地

15:20~16:00

質問・個別相談会

—ここまでリリースから抜粋—

スピーカーについて、クラウドサイン・ANCHORについての詳細など具体的な内容については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

弁護士ドットコムとT&Gのセミナー開催のリリースについて考察

と、上記のように共催セミナーを開催します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

セミナーの内容について

今回のセミナーを開催する2社の「ANCHOR」「クラウドサインNOW」については、実はこれまでもこのブログで紹介させてもらっています。

それぞれの動きは追っていたものの、この2社が共催は意外だなぁと思いました。

セミナーのタイムテーブルはそれぞれについての講演→質疑応答という流れなので、どちらかに興味がある方、両方聞きたいという方は参加されてみるといいのではないかと思います。時間もそんなに長くないですしね。個人的には聞いてみたいと思うセミナーなのですが、予定があって行けないので残念です。。

ブライダル特化のCRMの今後

ANCHORについては、

  • 何となく集客に困っている会場
  • 今後の市場縮小を考え、結婚式以外の収益源をつくりたい会場
  • 業績的にも雰囲気的にも何となく頭打ちになっている会場

こういった会場が主な興味関心層になると思います。CRMは成果が出るまで時間がかかるので、目先の業績に猛烈に困っている会社の解決策にはなりにくいので、もうそういう状況であれば他のコンサルなどにと問合せたほうがいいでしょう。

ブライダル特化のCRMツールの利用価値を爆発的に伸ばせるとしたら、対象者をゲストまで広げられるかがポイントになると思います。年間の結婚式実施者が40万組に対し、1組当たりの平均列席者が60名だとすると列席者は2,400万人(複数回列席する人もいるのでユーザー単位の人数はもう少し少ない)となるので、規模が60倍くらいになるからです。

結婚式のゲストから個人情報を提供してもらう代わりにご祝儀のお支払いを応援します!的な感じで5,000円くらいで個人情報を取得し、その後のLTVが5,000円を超えていれば黒字になるわけですよね。そうすると結婚式の提供は売上を得ること以外にCRM施策対象者プールを作ることも目的になるので、もっと安くしてもいいじゃん(稼がなくていいじゃん!)とか、プランナーの給料上げてもいいじゃん!とかなるといいなと思います。

ただ、最近ではリクルートの内定辞退予測のデータ販売でもあったように、たとえ漏洩という形でなくても個人情報の取り扱いに対する社会の目は相当厳しくなってきているので、しっかりとした企画設計や超えなければいけない倫理観の壁はあると思います。

ブライダル業界の業務効率化の今後

クラウドサインNOWについては

  • 紙の契約書を使っている会場

雑なんですが、これ全部対象ですね。最近は大手を中心に働き方改革の影響もあり、あれだけブラックだと言われていたブライダル業界でも残業抑制の流れが加速してきています。ただ、残業だけ減らしても業務効率が改善しないと、顧客への提供価値がどうしても下がってしまいますから(またはサビ残するか)、残業時間削減と業務効率化はやはり同時に進めていかないといけないものです。

また、ブライダルの業務効率化の観点でもし今後の可能性を広げるのであれば、結婚式場⇔ベンダー間の取引や受発注処理などもクラウド化・ペーパーレス化できるといいですよね。クラウドサインNOWは結婚式場⇔ユーザー(新郎新婦)間の契約が対象になると思うので。

大手はシステムとかを使っているかもしれませんが、会場やベンダーによってはFAXでのやり取りとかも今でも普通にあったりしますし、発注書と請求書と納品確認と…という書類がすべて雑多に事務所に置いてあって、サインしなきゃいけないのにあれどこだっけ?みたいなのってほんと時間もったいないと思うので、C向けの契約がうまくクラウド化したら次はそこにも切り込んでいったもらえると業界的にもよいかなと思います。

 

弁護士ドットコムとT&Gのセミナー開催のリリースについてまとめ

プレスリリース系の記事の割には珍しく書きすぎました。。一通り書いてもやはりこの2つの観点を連携して考えるという発想には私は至りませんでしたが、多くの会場で考えるべきポイントだと思うので、セミナーに参加するもよしですし、これをきっかけに検討を始めてみてはいかがでしょうか?

 

おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界のお役立ち資料集 無料ダウンロード

ブライダル業界で働く方にとって役に立つ資料を公開しています。無料ダウンロードできます。

 ●ブライダル媒体からの集客攻略法

 ●SEO施策の概要とブライダル業界のメディア事例集

 ●ブライダルビジネスの業績管理の方法(勉強用資料)

 ●ブライダルビジネスの基礎(勉強用資料)

 ●ブライダルサービス全25種のビジネスモデル図解集

 ●結婚式場の予算フォーマット(エクセル)

など、今後も随時追加予定です。業界知識の習得や新規事業の企画などにぜひご活用ください。


ブライダル業界のお役立ち資料集を無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*