更新日 2021年05月11日

【プレスリリース考察】《エニマリ×プラコレ》がタイアップ企画!

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、5/3に出た「【エニマリ×プラコレ】タイアップが決定!ウェディングドレスポップアップストアを梅田大丸にて、期間限定で同時開催!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社プラコレ
配信日時 2021年5月3日 10時10分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000108.000021126.html
タイトル 【エニマリ×プラコレ】タイアップが決定!ウェディングドレスポップアップストアを梅田大丸にて、期間限定で同時開催!

花嫁アプリ「PLACOLE & DRESSY」を運営する、冒険社プラコレは、結婚にまつわる様々なシーンを「新しいカタチ」でお祝いし合えるサービス・メディアを展開する株式会社エニマリとのタイアップ企画が決定したことを発表いたします。ウェディングドレスポップアップストアを梅田大丸にて、期間限定で同時開催致します。

  • 【エニマリ×プラコレ】タイアップが決定!

結婚にまつわる様々なシーンを「新しいカタチ」でお祝いし合えるサービス・メディアを展開する「エニマリ」と花嫁アプリ『PLACOLE & DRESSY』を運営し、自由なウェディングを提案する「プラコレ」のタイアップ企画が決定!今回、梅田大丸にて「エニマリ」が運営する高級インポートドレスをリーズナブルな価格で販売する『DRESS EVERY』が高級インポートドレスの販売会を開催すると共に、『PLACOLE & DRESSY』オリジナルウェディングドレスの試着会を実施することが決定しました。

  • ウェディングドレスポップアップストアを梅田大丸にて、期間限定で同時開催!

当日はSNSキャンペーンや参加特典もご用意!プラコレオリジナルウェディングドレスの試着会は完全事前予約制となっておりますのでお早めにご予約くださいませ。
また、『DRESS EVERY』が販売する高級インポートドレスは総着数400着となっており、ウェディングドレスが大特価で集合しております。今回の販売会ではPRONOVIAS 2021 collections登場!3日目(5/14)〜には10着限定で旧作インポートドレス(新品)55,000円(税込)も。PRONOVIAS最上位ラインの特別販売も実施予定となっております。『DRESS EVERY』のウェディングドレス販売会に関しましては事前予約無しでお楽しみいただけます。尚、企画内容は、変更する可能性もございます。ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

大阪開催

開催期間 2021年5月12日(水)~5月17日(月)
開催場所 大丸梅田店15階イベントホール
開催時間 10:00〜20:00(最終日は18:00)
応募フォーム https://dressy.pla-cole.wedding/campaign/anymarryplacole-1/

【プラコレオリジナルドレス試着会】
・プラコレオリジナルウェディングドレス試着会参加は参加無料、完全事前予約制となります。
・応募多数の場合、先行順となり予約を締め切らせていただく場合がございます。

【DRESS EVERY ドレス販売会】
・ウェディングドレス・小物・その他関連商品の商品の取り置きは受けつけておりません。
・購入後の返品・返金・交換は受けつけておりません。
・企画内容は予告も無く、変更する可能性もございます。ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

【新型コロナウイルスに関しまして】
・新型コロナウイルス感染拡大防止の為、37.5度以上の方、発熱や咳、腹痛、嘔吐(吐き気)など体調がすぐれない方にはご参加をご遠慮いただく場合がございます。また、飛沫飛散防止の為、マスクの着用をお願いしております。当日はこまめな手指消毒にご協力をお願いいたします。
・政府および大阪府知事からの要請等でイベントが中止される場合がございます。中止が決定次第、事前予約されたお客様に関しましては頂きますご連絡先にご連絡致します。

  • 『DRESS EVERY』とは?

『DRESS EVERY』は、高級インポートドレスを純粋なウェディングドレスだけのリーズナブルな価格で提供しています。新品・インポート・リユースが揃い、結婚式を自由に楽しみたい花嫁のウェディングドレス選びを応援しています。

1)有名インポートブランドの最新ドレスをいち早く入荷
スペイン・バルセロナ発祥でウェディング界の3大ブランドのひとつである最高級ライン「PRONOVIAS(プロノビアス)」や、ニューヨークのブランド「MORILEE(モリリー)」、「JUSTIN ALEXANDER(ジャスティンアレクサンダー)」、『DRESS EVERY』でのみ扱っている「JOYA couture(ジョヤ クチュール)」などのインポートブランドの最新作・新品ドレスを入荷し、クオリティもデザインも、世界中で認められたハイブランドを取り揃えています。

2)上質な高級インポートドレスを適正価格で販売
レンタルドレスでは、メンテナンス費やクリーニング費などのドレス以外の費用がかかりますが、『DRESS EVERY』では、純粋なウェディングドレスだけの価格で販売しています。

  • PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー とは

冒険社プラコレは2015年11月2日に会社設立し、2015年12月より「PLACOLE WEDDING」をスタート、ブライダル業界で初めて「チャットサービス」を開始し、現在では全国でサービスを展開。従来の結婚式場を検索するサービスとは一線を画し、プランナーさんとweb上でつながる「webチャットプラットフォーム」として、SNSや口コミを中心に広まり、2021年5月現在では、会員登録数が12万組を突破しました。
具体的には、カップルは式場検索ではなく、ウェディング診断からスタート。その診断結果をAIが分析し情報を配信、それに対するカップルの反応やアクションを学習し、最適化な情報を再配信します。また、AIでは解決できないお悩みは、全国在住のご当地アドバイザーや、2000名を超える結婚式場に所属をするウェディングプランナーに、直接チャットで質問や相談をすることが可能です。

チャットひとつで全ての悩みが解決できる「PLACOLE WEDDING」には、ご利用者様の50%が他媒体を利用せずPLACOLEWEDDINGのみ利用、また、NPS調査でも70%以上のユーザーが友人に勧めたいと回答いただきました。運営側が驚くほど、毎日たくさんの”ありがとう”の声を頂けるサービスになりました。
2021年6月現在、月間4000組以上のカップルが新規会員登録、合計2000名以上のウェディングプランナーが登録し、導入会場数は1120会場を越え、ブライダル業界初のチャットコミュニケーションメディアとして、独自の立ち位置を確立しています。公式運営するFacebook、Twitter、Instagramでは合計フォロワー数は51.08万人をを超えました。自社メディア『DRESSY』や『美花嫁図鑑farny』なども運営し、合計PV数は月間250万PVを突破! 高級ウェディングドレスが最大90%OFFで購入できる通販サイト”DRESSYONLINE”も展開しています。
上記のサービスや、その他、結婚式にまつわる情報やサービスをまとめた花嫁アプリ「PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー」は2021年5月時点で累計20万ダウンロードを突破しました。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

《エニマリ×プラコレ》がタイアップ企画!のリリースについて考察

と、上記のようなポップアップストアを開催します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

企画の概要と目的

エニマリとプラコレがコラボし、大阪梅田にインポートドレスのポップアップストアを開催する、という内容で、詳細はリリースでも書かれています。

エニマリはプロデュースやドレスショップも運営しているものの、みんなのウェディングという媒体も運営しているので、媒体同士のコラボには正直驚きました。

ドレス試着はおそらく無料で、その場で販売会も行われるようなので売上を目的にしている可能性もなくはないですが、どちらかというとリアルな場を提供してお互いの認知度と集客力と高めることが狙いな気がします。

媒体が行うリアルイベントの今後

これまで媒体主催で開催されてきたイベントは結婚式場への送客が目的であることがほとんどでした。ゼクシィフェスタやハナユメフェスタがそうですね。これはイベント経由で式場に送客した後に成約すると手数料が入る仕組みだからですね。送客経路の1つという位置づけでした。

それが今後はより体験に重きを置いたイベントが増えていくだろうというのが個人的な予想です。というのも、初めてイベントに来て即営業されて、即案内されてそのまま即決をかけられる、という顧客体験が正義ではなくなってきているからです。

もちろん事業者側の都合でいえば中間工数を最小化してKPIを最大化するためにはこの手法は最適なのですが、SNSや様々なウェブサイトで情報収集が可能になった現代ではこういった体験は求められているわけではないと思うのです。

なのでより体験を重視してそこでの拡散を狙う、接触回数が増えることでブランド好感度が上がる、といったストーリーでのリアルイベントが増えるんじゃないかなと思います。

 

《エニマリ×プラコレ》がタイアップ企画!のリリースについてまとめ

開催できるといいなぁと思います。たぶん開催後にまたリリースなども出るでしょうし、こういった機会から次にどのように進むのか、チェックしたいですね。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事