更新日 2020年08月11日

【プレスリリース考察】くふうカンパニーが『Anyのフォトウェディング』をリリース

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、7/30に出た「コロナの影響で93%のカップルが結婚式の延期・キャンセルを決断、ふたりだけで安心・安全に、結婚式の一瞬を切り取ったようなドラマティックな写真が撮れる『Anyのフォトウェディング』をリリース」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社くふうカンパニー
配信日時 2020年7月30日 14時13分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000046400.html
タイトル コロナの影響で93%のカップルが結婚式の延期・キャンセルを決断、ふたりだけで安心・安全に、結婚式の一瞬を切り取ったようなドラマティックな写真が撮れる『Anyのフォトウェディング』をリリース

くふうカンパニーグループにおいて、結婚式のプロデュースを行う株式会社アールキューブは、新型コロナウィルス感染症の影響により止む無く結婚式を延期・キャンセルしたカップルや、挙式や結婚式をする予定はないけれど、結婚というふたりの大切な節目を記録としてきちんと残したいカップルに向けて、100着以上のドレスと全国80以上の結婚式場から選べ、撮影に必要なアイテムがそろって69,800円から結婚式の一瞬を切り取ったようなドラマティックな写真が撮れる新サービス『Anyのフォトウェディング( https://anywedding.jp/photo)』を、2020年7月30日にリリースいたしました。

  • コロナの影響で93%のカップルが結婚式の延期・キャンセルを決断。第二波が不安視される中、ふたりだけでできる安心・安全なフォトウェディング

結婚式づくりのための総合情報メディア『みんなのウェディング』が公式インスタグラムアカウントにて実施した、4月〜6月の挙式・結婚式開催状況に関するアンケート※では、本格的にコロナウィルスが猛威を奮い始めた4月〜6月の間は、全体の93%のカップルが延期・キャンセルを決断しました。また7月以降も、第二波が不安視される中で、再延期を検討するカップルや、開催の目処が立たず悩んでいるというカップルも多い模様です。このような状況の中、準備や費用などの負担を少なく抑えながら、ゲストを招待せずおふたりのみで安心・安全に行うことができ、結婚という節目を記録として残せる新しいスタイルの一つに『フォトウェディング』があります。

※参考
みんなのウェディング公式インスタグラム「4月〜6月挙式・結婚式開催状況」に関する調査
アンケート方法:みんなのウェディング公式インスタグラムの「story」を使っての調査
アンケート期間:2020年7月15日(水)~7月16日(木)
対象者:みんなのウェディング公式インスタグラムをフォローしている方

  • 『Anyのフォトウェディング』について

【100着以上のドレスと全国80以上の会場から選べて、必要なアイテムがそろって69,800円から、結婚式の一瞬を切り取ったようなドラマティックな写真が撮れる】

『Anyのフォトウェディング』は、2011年にアールキューブが開始した明朗会計の会費制結婚式サービス「会費婚」のビジネスモデルと開催実績を活かすことにより、100着以上のドレスと、全国80以上の結婚式場の中から選べ、さらに撮影に必要なアイテムがそろって69,800円からのリーズナブルな価格で、結婚式の一瞬を切り取ったようなドラマティックな写真撮影ができるサービスです。

1)ドレスやカメラマンなど、必要なアイテムをパッケージ化し69,800円からご案内
撮影会場、ウェディングドレスやタキシード、新婦ヘアメイク、ブーケ、カメラマン、写真データなど、必要なアイテムをパッケージ化し69,800円からご案内が可能です。お持ち込み料は無料のため、その他撮影で使用したいもの、着用したい衣装があればお持ち込みができ、おふたりのオリジナリティを出していただけます。

2)パッケージ内で100着以上の中からお好きなウェディングドレスを選べる
100着以上あるドレスの中からあなたにぴったりの1着をお選びいただけます。また、ご要望に合わせて海外有名ブランドのインポートドレスを特別価格でご購入いただくこともできます。

3)全国80以上の結婚式場からおふたりのお好きな写真撮影会場を選べる
全国の有名ホテルや結婚式場を含め、アールキューブが提供している『会費婚』での開催実績がある会場も合わせて、全国80以上の結婚式場にて、写真撮影ができます。
※選択される会場によって追加費用1万円〜15万円の利用料がかかる場合があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • アールキューブの新サービスブランド『Any』について

【約5,000組の結婚式をつくってきたアールキューブの新サービスブランド】
『Any』は、ウィズコロナ、アフターコロナにともなう結婚式への価値観や選択肢の多様化に対応する、”誰でも(anyone)、どんな場所でも(anywhere)、どんな時でも(anytime)”最高の結婚式を実現することをお手伝いする結婚式プロデュースサービス(https://anywedding.jp)です。結婚式で大切なことは「ふたりの未来へのスタート」に相応しい形であるという考えに立ち、これまで約5,000組の結婚式を手がけてきた結婚式プロデュースのプロフェッショナルたちが、おふたりの本当に挙げたい結婚式を『Any』で叶えていきます。

《Anyサービス一覧》
■第1弾: 6/18リリース「Anyのふたりへ贈る結婚式」( https://anywedding.jp/gift )
■第2弾: 6/25リリース 「Anyのふたり挙式」( https://anywedding.jp/ceremony )
■第3弾: 7/21リリース 「Anyのオンライン結婚報告」( https://anywedding.jp/online )

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

くふうカンパニーが『Anyのフォトウェディング』をリリースについて考察

と、上記のようなサービスの提供を開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

サービスの概要と目的

チャペルで撮影できるフォトウェディングサービスですね。もともとアールキューブが運営しているウェディングプロデュースで提携している結婚式場とドレスショップのリソースを活用し、それらの提携先に対してフォトウェディングという新しいスタイルでも顧客を紹介しますよ、という内容だと思います。

これまでの事業で積み上げてきたことをうまく活用しての事業展開と言えます。

Anyのブランド戦略

Anyの新サービスのリリースが続々と出ています。

ここまで、Anyブランドのリリースが出てから約2か月間です。早いですね。これからの時代の新たなニーズとなりそうな切り口のサービスラインナップを整えているなぁという印象なので、あとは「Anyと言えば〇〇」というブランドイメージをどこまで認知させられるか、ブランドのファンをどこまで獲得できるか、がマーケティングにおいては重要になると思います。

 

くふうカンパニーが『Anyのフォトウェディング』をリリースについてまとめ

結婚報告、ふたりの挙式、挙式を贈る、そしてフォトウェディング。着々と面は取りに来ていますね。Anyブランドが例えば今のCRAZY並みの認知度を獲得してエッジの効いたものになっていけば、相乗効果で各サービスも伸びていくと思います。一方、ブランドとしての特徴がないとただのサービスをたくさんやっている企業になってしまうので、今後のブランディング施策にも注目ですね。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事