更新日 2020年07月29日

【プレスリリース考察】くふうカンパニーが新サービス「Anyのオンライン結婚報告」をリリース

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、7/21に出た「結婚式より手軽で自由な“今”できる結婚報告の新しいカタチ、新サービス「Anyのオンライン結婚報告」をリリース」について、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社くふうカンパニー
配信日時 2020年7月21日 16時07分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000046400.html
タイトル 結婚式より手軽で自由な“今”できる結婚報告の新しいカタチ、新サービス「Anyのオンライン結婚報告」をリリース

くふうカンパニーグループにおいて、結婚式のプロデュースを行う株式会社アールキューブは、昨今のコロナウィルス感染症の影響により、結婚式のキャンセル・延期を余儀なくされたカップルや、入籍をしたものの親族、友人、お世話になった方々にきちんと結婚の報告ができていないカップルが、ビデオ通話アプリZoomを使用して、結婚式より手軽で自由なふたりらしい結婚報告ができる新サービス「Anyのオンライン結婚報告( http://anywedding.jp/online )」をリリースいたしました。

  • 85%のカップルがコロナの影響により6ヶ月以上結婚式を延期、結婚式開催までに何かしら結婚報告がしたいカップルが96%

昨今の新型コロナウィルスの影響により、多くの結婚式がキャンセル・延期を余儀なくされました。結婚式づくりのための総合情報メディア『みんなのウェディング』の公式インスタグラムアカウントにて、コロナの影響で結婚式の開催が予定通り出来なかったカップルを対象に調査をしたところ、当初の予定から6ヵ月~12ヵ月未満の延期が42%、12ヶ月以上延期が27%、開催未定は16%でした。合計すると6ヶ月以上延期になっているカップルが85%いることがわかりました。一方、結婚式を開催するまでの間に結婚報告をしようと考えているカップルは96%で、何かしらの手段を使って結婚式より前に結婚の報告をしたいと考えていることがわかりました。

以上から、入籍から結婚式開催までの間が空いてしまったけれど何かしら報告はしたいというカップルなどに向けた新しい結婚報告のカタチとして、『Anyのオンライン結婚報告』を開発いたしました。その他にも、結婚式の予定はないけれど、結婚報告はきちんとしたいといったカップルにもおすすめです。

※参考
みんなのウェディング公式インスタグラム「結婚式の延期状況及び、結婚報告状況」に関する調査
アンケート方法:みんなのウェディング公式インスタグラムの「story」を使っての調査
アンケート期間:2020年7月19日(日)~7月20日(月)
有効回答数:1,783名
対象者:みんなのウェディング公式インスタグラムをフォローしている方

  • 『Anyのオンライン結婚報告』とは

コロナの影響で入籍から結婚式まで間が空いてしまったカップルや、結婚式は予定してないけれど何かしらの形で結婚の報告はきちんとしたいというカップルが、結婚式より手軽で自由に、好きな場所からふたりが”今”実現したい結婚報告を叶えられる新サービスです。

50,000円(税別)のベーシックプラン内で、どんな結婚報告にしたいかをアドバイスしてくれる専任のプランナーや、当日のスムーズな進行をサポートする司会が付き、開催場所としてスタジオやレストラン、装飾済みのファッショナブルなお部屋など13,000以上の中からふたりのイメージに合った好きな場所を選びZoomで配信します。

  • 開催場所として、スタジオやレストラン、ドラマ撮影場所など13,000以上のラインアップから好きな場所を選べる

レンタルスペースを簡単に貸し借りできるサービス「スペースマーケット」から、スタジオやレストラン、装飾済みのファッショナブルなお部屋、一軒家タイプなど、おふたりのイメージや希望に合うお部屋を選び、開催していただけます。

  • もっと記念を残したい、家族や友人とアットホームに過ごしたいなど、ふたりの希望に合わせた他プランもご用意

50,000円(税別)のベーシックプランにプラスして、エンゲージメントフォトプラン、ホームパーティープランなど、おふたりの多様なニーズに応えるプランもご用意しています。

《エンゲージフォトプラン》ベーシックプラン+30,000円(税別)

Zoom配信に加え、ふたりの記念を記録として残したい方におすすめの、プロカメラマンによるエンゲージフォト撮影と写真データ(70カット)が含まれたプランです。普段の自然なおふたりを撮影しても、ウェディングドレスを着ての撮影も可能です。

【含まれるもの:Zoomアカウント/撮影場所/当日司会進行/専任プランナー/カメラマン/写真データ70カット】※ウェディングドレス&新郎の衣装小物セットはオプションで+30,000円

《ホームパーティープラン》ベーシックプラン+50,000円(税別)

Zoom配信でお世話になった方へ結婚報告後、家族や親しい友人たち数名を招待し、アットホームな雰囲気でゆっくり話をしたい方には、ホームパーティープランがおすすめです。こちらはウェディングドレスや男性衣装小物が入ったお得なプランです。

【含まれるもの:Zoomアカウント/撮影場所/当日司会進行/専任プランナー/ウェディングドレス・新郎の衣装小物(蝶ネクタイ、シャツ、サスペンダー)/お料理紹介/進行サポート/延長料】

《チャペル挙式プラン》ベーシックプラン+78,000円(税別)

挙式までしたいカップルには、チャペル挙式が含まれたプランもご用意。Zoomを使ってゲストにふたりの挙式の様子をLIVE配信したり、挙式前後に繋いで結婚の報告ができます。

【含まれるもの:Zoomアカウント/撮影場所/当日司会進行/チャペル挙式※】
※チャペル挙式に含まれるもの【挙式料(人前式)/司会者/ウェディングプランナー/音響照明/衣装/新婦ヘアメイク/美容着付け/介添料/ブライズルーム使用料/挙式用ブーケ(3パターン)/カメラマン・写真データ(50カット)/結婚証明書)】

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

くふうカンパニーの新サービス「Anyのオンライン結婚報告」開始のリリースについて考察

と、上記のような新サービスを開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

サービスの概要と目的

プランの内容や詳細はリリース内に書かれているのでそちらをご覧ください。結婚報告のできるベーシックプランに、オプションとしてフォト、ホームパーティ、チャペル挙式がある、という設計になっています。

ここ1ヶ月くらいAnyが立て続けに新サービスをリリーうしており、Anyブランドで多様なユーザーイーズに応えていく、ということなのでしょう。今回の結婚報告以外にも、

  • ふたりへ贈る結婚式
  • ふたり挙式

といったサービスがあります。

オンラインサービスを提供するときの価値と対価

現時点では明確な市場もできておらず業界水準と言える提供価格のレンジもないのですが、価格設定については今後考えていかなければいけないところかなと思っています。例えば

  • Zoom
  • 開催場所
  • 当日司会・進行
  • 専任プランナー

この内容で5万円の価格設定となっていますが、Zoomはまぁ2千円、開催場所は場所にもよるけど数時間なら1万円程度、時給換算するなら司会とプランナーも1万円程度と考えると、その付加価値と価格は妥当なんだろうか?と考えてみるということです。

Zoomと会場予約は誰でもできますからそこは原価通りの価値でよいと思います。当日の司会進行とプランニングにどの程度の技術力が必要でどのようなアウトプット(=結婚報告会)が必要になるのかまでは分からないですが、その対価としてユーザー側が3万円の価値を感じるかどうか、ですよね。

オンラインウェディングやライブ配信など、これまでにない商品が生まれてきていて価格設定が各社ごとに様々な現状ですが、この辺りの価値と対価のバランスがどのように決まっていくのかは今後の状況を見ていくとよいかなと思います。

 

くふうカンパニーの新サービス「Anyのオンライン結婚報告」開始のリリースについてまとめ

にしてもブランドリリースからすごいスピードで新サービスのリリースが続いていますね。サイトは軽めのLPができているだけなのでそこまでではないですが、オペレーション側はどうやって組んでいるんだろうというのが興味ありますね。

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事