更新日 2019年10月02日

【プレスリリース考察】&WEDDINGが結婚式をあきらめていたカップルへ結婚式をプレゼント!「挙式プレゼントキャンペーン」開催!

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、10/1に出た「結婚式をあきらめていたカップル3組へ“ふたりが挙げたい結婚式”をプレゼント!「挙式プレゼントキャンペーン」開催!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 茂木商事株式会社
配信日時 2019年10月1日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000023915.html
タイトル 結婚式をあきらめていたカップル3組へ“ふたりが挙げたい結婚式”をプレゼント!「挙式プレゼントキャンペーン」開催!

茂木商事株式会社のウエディングプロデュース事業「&WEDDING(アンドウエディング)」は、2019年10月1日(火)~2019年12月29日(日)の期間中、少人数結婚式を希望しているカップルへ向けて、「挙式プレゼントキャンペーン」を開催いたします。
&WEDDINGでは、近年増加している少人数結婚式を主にプロデュースしています。身近な家族や親族、親しい友人など、本当に大切な方に喜んでもらいたい、というおふたりを1000組以上の結婚式をプロデュースしてきたプランナーたちがお手伝いしています。
このたび、少人数結婚式を手掛ける&WEDDINGは、結婚式を挙げたかったけれど何らかの理由で挙げることのできなかった方へ結婚式をプレゼントするキャンペーンを行います。
昨今、少人数結婚式と同じく増えているのが、入籍はしたけれど結婚式を挙げないナシ婚です。結婚式を挙げないことを選択するカップル、夫婦が増加し、その数は婚姻組数全体の半数近くを占めています。様々なご事情から結婚式を“挙げない”を選ぶ方、なんとなく“挙げない”になっている方、本当は“挙げたい”方がいます。
そのようなおふたりに、結婚式挙げてよかったね!と思っていただきたい、さらにはおふたりを見て、私たちも挙げよう!と結婚式を“挙げる”ことを選ぶ方を増やしたい…そのような想いから、今回の「挙式プレゼントキャンペーン」の開催を決定いたしました。
&WEDDINGはこのキャンペーンを通して、1組でも多くのカップルに生涯忘れられない1日を提供し、結婚式の良さを広めてまいります。
【概要】
名称:挙式プレゼントキャンペーン
応募期間:2019年10月1日(火)~2019年12月29日(日)
当選組数:3組
当選発表:2019年11月1日以降、お電話またはメールにてご連絡いたします。
応募条件:2020年6月末までに都内近郊で挙式可能な方、少人数(30名程度まで)の結婚式をご検討の方
キャンペーンページURL:https://wedding9388.wixsite.com/andwedding-campaign
—ここまでリリースから抜粋—
会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

&WEDDINGの結婚式プレゼントのリリースについて考察

と、上記のように新しい企画を実施します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

結婚式プレゼントキャンペーンの目的

考えられる目的は「認知度の拡大」だと思います。リリースの内容の通りのキャンペーンだとした場合、このキャンペーンにどれだけの人が応募しても売上にはならないので、こういった企画を通じて「&WEDDING」を知ってもらい、次の顧客獲得につなげる、という感じでしょう。もしこれまでの既存顧客への還元、という目的なら挙式済みの顧客が対象となるキャンペーンとなるはずです。
もしかしたら、応募してくれたけど落選した人に対して売り込みをかける、というのもあるかもしれませんが、こういった企画でユーザーを集めて通常の販売をしようとするとけっこうリスクが大きいので、それはないかなと思います。

プレゼントキャンペーンと言えば…

最近、ツイッターでのプレゼントキャンペーンが流行っています。一番最初はZOZOの前社長の前澤さんの1億円お年玉プレゼントですが、最近だと青汁王子がお金配っていたり、もうちょっと枠組みを広くとらえればpaypayの100億円あげちゃうキャンペーンも同じカテゴリだと言えます(知らない人はググってみてください)。
で、今回のリリースのようにせっかく無料で配るのであれば、もっとSNSの拡散性を活用したらいいのになぁと思います。もちろん、前提となる認知度や商材の違い、ターゲットの広さの違いなどもあるので一概に同じ結果になるわけではないと思いますが、例えば応募条件をサイトからの応募だけではなく、「ツイッターアカウントをフォローしてリツイート」とかにするとキャンペーン終了後もフォロワーは資産として残りますし(一定割合で解除されるとは思いますが)、キャンペーンの期待効果も増えるんじゃないかなと思います。
実際にやって拡散されるかどうかはやってみないとわからないですが(というか実施しているけど私が知らないだけの可能性もある)、これだけSNSきっかけで始まるウェーブが生まれている中で何も手を打たないのは、少しもったいない気がしますね。
 

&WEDDINGの結婚式プレゼントのリリースについてまとめ

この記事書き終わってから気が付きましたが、もしかして「挙式」のプレゼントキャンペーンで「披露宴」は通常販売なんですかね…。リリースからはどちらとも取れますが、公式サイトを見ると会食や披露宴の内容は含まれていませんでした。。となると目的は挙式フックの集客、が本選になりますね。なんかあべこべの記事になってしまってすみません。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事