更新日 2020年03月08日

【プレスリリース考察】グローヴエンターテイメント株式会社の結婚式場をAccelia VRで紹介

【プレスリリース考察】グローヴエンターテイメント株式会社の結婚式場をAccelia VRで紹介_サムネイル

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、2/26に出た「【導入事例】グローヴエンターテイメント株式会社の結婚式場をAccelia VRで紹介」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 アクセリア株式会社
配信日時 2020年2月26日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000036201.html
タイトル 【導入事例】グローヴエンターテイメント株式会社の結婚式場をAccelia VRで紹介

大量データのウェブコンテンツ配信プラットフォームと撮影技術を活かしてVRの配信サービスを拡充してきたアクセリア株式会社は、この度、グローヴエンターテイメント株式会社が運営する結婚式場「アンソレイユ」の紹介用VR動画を制作しました。
■VR動画作成の経緯
・柔らかなひだまりの中、自然と人が集まってくる、どこかほっとする場所
・緑に包まれたガーデン付き邸宅
・貸切邸宅だからこころゆくまで楽しめる ゲストと一緒にアットホームなウエディング
グローヴエンターテイメント様が運営する「アンソレイユ」は、上記コンセプトのとおり、緑溢れるガーデンが魅力の邸宅風の式場です。しかしながら、冬場になると春夏の挙式を検討している見学者には緑溢れる会場の雰囲気が伝わりづらいため、より良いアピール方法がないか検討されていました。
■グローヴエンターテイメント様の声
お客様へ写真・動画だけではわかりにくい四季の変化を体感していただきたかったため、今回のVR動画撮影を採用しました。
編集や納品形態については事細かい希望にまで対応していただき、いつも丁寧かつ迅速なご対応でした。例えば、メールでのやりとりでもお返事が早く、スムーズに進めていただくことができました。また、撮影当日も撮影方法や途中経過など丁寧に教えていただきスタッフ皆様のお人柄が魅力だと感じました。
■今回の動画制作のポイント
① ガーデンの緑が映えるよう、室内の窓際を重点的に撮影し、シーン開始時の視点や明度を調整

ガーデンをアピールするための明度調整(02:26 〜)

② 扉が自動で開くように演出してほしいというご要望に応え、施設内の雰囲気に集中できるよう撮影・編集

チャペル入口の開閉を自動で (00:40 〜)

③ 360度動画であるために映り込んでしまう電柱を削除するなど、細かい部分にも配慮して編集

ガーデンの電柱を削除(01:35 〜)

④ 説明に使用しやすいよう、VRヘッドセット(Oculus Go)にデータを格納した状態で納品
■Accelia VRの特長
・『Accelia VR』は、VRコンテンツ制作を16万円(税別)~、最短納期3日で提供する、VRを手軽にお客様のビジネスで使えるようにキメ細かくサポートするサービスです。公開されているプランに加えて、今回のようにOculus Goと合わせて納品するなど用途に合わせたプランをご提供します。
・熟練したスタッフによる撮影だけのプラン、撮影した360度静止画/動画をOculus Goに組み込んで納品するプラン、短期イベントに活用しやすいOculus Go のレンタルプランなど、柔軟な料金プラン、サービスプランで手の届かないところをしっかりサポートします。
・さまざまなビジネスシーンでの活用が可能です。不動産やウエディング、旅行・観光地での活用から、工場や医療の現場など、多様な利用シーンをご提案します。
企画や提案、コストや用途など、ご不明な点につきましては、まずはお気軽にお問い合わせください。
Accelia VRサービス詳細: https://www.accelia.net/service/marketing/vr
お問い合わせ・トライアルのお申込み: https://www.accelia.net/inquiry
—ここまでリリースから抜粋—
動画リンク、会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。
 

アクセリアのVR事例について考察

と、上記のように結婚式場をVRで紹介しました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

VR動画の活用方法

VR動画そのものがどういったサービスなのか、どういった動画なのかはリリースの内容をサービスサイトリンクからご確認ください。実際の動画を見てもらったほうがイメージわきやすいと思います。
で、この動画を撮影したとしてどのように活用するのか?という点ですが、私が思うに

  1. 公式ホームページに掲載して来館前に会場イメージを持ってもらい集客効果を期待する
  2. 施行裏新規など会場を最高の状態で見せられない新規接客時に利用することで成約率改善効果を期待する

この2つが主な使い方で、期待できる効果とかかるコストが費用対効果が合うかどうか、これで導入するかを判断することになると思います。

VR動画の期待効果

まず1について、動画という点は異なりますがマイナビウエディングのパノラマビューがイメージとしては近いかなぁと思います。

このパノラマビューを導入している会場が他の会場よりも集客力にいい影響があるという事例などがあるとなるほどとなるのですが、実際どうなんでしょうね…、わかりません。そんなに導入会場数が増えていないところ見ると明確な差が出るほどではないんじゃないかと思います。動画に映えるハードの条件(眺望がいい、チャペルの天高を体感しやすいなど)は何かしらある気はします。
次に2についてですが、会場が見られなくてもできるだけ最高のプレゼンをできる環境を整えるというのは理解できるのですが、これで成約率が上がるかとなると、これも微妙なような気がします。リゾートウェディングのように物理的に会場見学ができない、逆に海外在住で国内の式場が見学できない、などであれば需要はありそうです。
 

アクセリアのVR事例のリリースについてまとめ

今回のリリースにかぎらず、4年~5年前くらいからブライダル業界でもVRの活用を、という流れはあったように思いますが、当時の勢いほど実際の利用には結びついてはいない印象です。たぶん、技術との相性が悪く式場側にとって明確な成果につながりにくいことが理由だと思いますが、結婚式そのものをVR技術でバーチャル空間で行う、みたいなところまで行くと新サービスにつながるような気がします。だいぶ先だと思いますが…。
 
おわり
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事