ブライダル業界でFacebookを運用するときのポイントまとめ

ブライダルのSNS運用

Facebookアカウント(広告ではない)を運用している結婚式場はたくさんありますが、きちんと運用して成果を上げている式場はどれくらいあるでしょうか?中には社長命令でアカウントは作ったものの、更新されずに放置されているようなページも残念ながらあるようです。実は、自分がブライダル業界にいたときは「明確な成果を得られそうにない」という理由で、Facebook運用に否定的でした。ただ、業界が変わってから知識や経験もついてのと、もうちょっと運用ちゃんとやったほうがいいと思うんだけどなぁと思うことも多くあったので、今回の記事を書きました。設定として、「もし今の自分がブライダル業界に戻って、結婚式場のFacebookを運用する立場になったら」という感覚で書いています。式場所属のプランナーの方や本部のマーケティング・広報部門の方など、Facebookを運用する担当者にとって少しでも考えるきっかけになれるとうれしいです。

続きを読む

結婚式場の新規出店の運営で失敗しないための知識【後編】

結婚式場の外観

前回の記事の後編です。結婚式場の新規出店の計画を立てる際に重要なポイントは

  1. 基本となる年次PLを正確につくること
  2. PLをもとに投資回収計画に落とし込むこと
  3. 意思決定基準の目線をそろえること

この3つだと言えます。今回は2と3について書きますが、1で書いた年次のPLをベースに投資計画、意思決定基準について書いていきますので、こちらの記事から入られた方はまず前回の記事をご覧になることをオススメいたします。

続きを読む

結婚式場の新規出店の運営で失敗しないための知識【前編】

結婚式場の外観

結婚式場は日本におよそ4,000会場あるといわれていますが、最近では株式会社Brilliaの倒産が大きなニュースとなったように、実は多くの会場が経営困難に陥り倒産しています。その理由として、人口減少・結婚組数の減少・なし婚率の増加・競合会場の新設など、外的なマーケット環境がどんどん厳しくなってきていることが挙げられますが、それと同じくらいかそれ以上に開業前の投資回収計画が(とても)甘く作られていることも大きな理由だと私は思います。今回の記事では、結婚式場の新規出店時を検討する際にどういったデータをもとにどういう考え方で見通しを立てるべきなのか、を書いていきます。一般的な「投資回収計画とは」のような内容はこのブログ以外に多くの書籍やブログなどで書かれているので、どちらかといえば「結婚式場の開業」にフォーカスして書いていきます。これから新規出店を検討されている方にとって参考になれば幸いです。

続きを読む

ゼクシィからの集客を徹底攻略!【結婚式場の集客担当者向け】

集客アップのポイント

結婚式場の集客担当者にとって最も重要な媒体であるゼクシィ。来館時のユーザーアンケートで一番多くチェックついた写真を前に掲載して大きくするだけ、といった運用している式場もあると聞いたこともありますが、残念ながらそれだけではせっかく支払った高い広告費を最大限活用できているとは言えません。ということで、今回の記事では、ゼクシィ(雑誌)からの集客を最大化するためのポイントをまとめました。なお、最新の広告メニューとの整合性については未確認ですのでその点はご了承ください。あくまで参考程度にご覧ください。

続きを読む

【マーケティング】目標CPAを正しく設定するための3つのポイント

マーケティングの上限CPA

いきなりですが、事業会社でマーケティングを担当している方に質問です。目標とするCPAの数値をどのように決めていますか?

  • 上長から降りてきた数字をそのまま目指している?
  • 前年実績よりも●%改善するといった目標で決めている?
  • 競合他社が●●円らしいのでそれよりもいい数値を目指す?

多くの場合、これらのように”なんとなく決まっている”ことが多いのではないでしょうか?的確なマーケティング活動を進めていくためには、なぜこのCPAが目標数値として適しているのか、獲得したいCV数とCPAのバランスはどこか、広告投資のアクセルを踏む余力はどのくらいあるのか、などを正確に把握できた上で日々の運用を行っていくことが大切です。今回の記事ではブライダル業界と人材紹介業をモデルケースとして、どうやって目標を定めていくべきかを書いていきます。

続きを読む

結婚式場の集客戦略を考える前におさえておきたい4つのポイント(後編)

ブライダルのマーケティング

前回の記事の続きです。集客が落ち込んできた式場が陥りやすい負のスパイラルとして、目標の設定や体系的な理解、結果の仮説を立てることなく施策を始めてしまうことが挙げられます。担当者レベルのマインドとして、クリアに予測と目標を立ててしまうと届かなかったときにドン詰めされるかもしれないという恐怖もあるとは思いますが、式場レベルまたは会社レベルでこれを繰り返していても業績の回復は見込めません。今回は、集客戦略を考える前の4つポイント後編です。前回の記事とあわせて、参考にしていただければと思います。

続きを読む

結婚式場の集客戦略を考える前におさえておきたい4つのポイント(前編)

ブライダルのマーケティング

「インハウスマーケターのブログ」ながら、ここまで業界構造や業績管理の仕組み化についてのことしか書いていないので、少しはマーケティングのことも書いてみます(笑)。今回のテーマは「結婚式場の集客戦略の立て方」。ブライダル業界を対象としていますがこれまで同様、結婚式場側の目線で書いていきます。集客が順調なので困っていない、という式場は今の日本にはほとんどないと思いますので、集客に困っている式場のマーケ組織の担当者や集客責任者の方などは、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

続きを読む

営業~売上までの期間が長い業界で正確に業績予測する方法

業績管理ツール

ブライダル業界をはじめ、人材紹介業、不動産業界など、営業活動を行ってから売上が計上されるまでの期間が長い業界では、その期間をきちんと考慮した業績予測を行わないといけません。特に上場企業では年次予算を公表していますから、それに対する進捗はできるだけ正確に把握しておきたいものです。今回は、いつの営業活動の成果が、いつの売上となるのか、その関係性を考慮した業績の予測ツールについて、ブライダル業界を例に書いていきます。ちなみに、「結婚式場運営者」の視点での記事になります。

続きを読む

ブライダルビジネスにおける時間軸のとらえ方

ブライダルビジネスのKPIと時間軸

前回の記事ではブライダルビジネスの構造とKPIについて書きました。
こちらで書いたKPIをきちんとモニタリングできる環境を整え、改善のためのPDCAをまわしていくことが業績を安定させるために大切になるのですが、ブライダル業界の特徴として一般的な他事業と比べて「広告投資から売上までのリードタイムが非常に長い」ということに注意しなければなりません。今日申し込みをして明日結婚式を挙げるカップルはいませんから、今企画検討している、または実行し始めた施策がいつの売上になるのか、その関係性を知っておくことは非常に重要です。今回は、事業者視点から見た時間軸の考え方がテーマです。

続きを読む

ブライダルビジネスの構造と適切なKPI

ブライダル/結婚式場の構造とKPI

今回は結婚式場を運営する企業目線でブライダルビジネスの基本的な構造と設定すべきKPIについて書きます。
結婚式にはウエディングプランナーをはじめ、ドレススタイリスト、フローリスト、サービス、キッチン、そしてマーケティング部門などの本社機能まで、多くのスタッフが携わっていますが、どの職種、どのレイヤーで仕事をしている人にとっても最も基本的で最も重要なことなので、少々長くはなりますが、ご覧ください。

続きを読む