【ブライダル新規接客】個人スキルに依存せずに式場の成約率を高める方法

ブライダル新規の成約率を組織的に高める方法

成約率は式場業績に直結する最重要KPI。若年人口の減少×披露宴実施率の減少が進み、1会場当たりの来館数が減ってきている中、成約率をいかに高く維持できるか、もっと伸ばすことができるか、と日頃から考えている経営者や式場責任者は多いのではないでしょうか。成約率アップを目的としたセミナーや講演会なども数多く開催されていることからも関心度の高さがわかります。その一方で、成約率に関する解決策が「個人スキルを伸ばす」ということに依存している場合も多いので、エースプランナーが異動したら業績が下がった、異動があるたびに業績がブレる、スタッフの結婚や出産の報告を(業績面で)素直に喜んであげられない、といった弊害も多くなってしまいます。そこで、今回の記事では、誰が新規接客に出ても安定して同じくらいの成約率を出せるために会社や会場として何を整えるべきか、その土台の作り方について解説します。

続きを読む

ウェディングプランナーが年収を上げるために必要なこととは?

ウェディングプランナーの年収の上げ方

ブライダル業界の年収は国内の他業界と高い方ではなく、仕事にやりがいはあるし充実はしているけど、どうやって年収上げたらいいかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで、今回の記事ではウェディングプランナーが年収アップするために必要なことをまとめました。具体的な評価制度や年収テーブル、昇格・昇給要件は会社によって様々なので一概に必ずこうですといい切れる内容ではありませんが、一般的に重要なこと、日々の仕事をしていく上で少し意識しておきたいポイントをまとめていますので、参考にしてみてください。

続きを読む

ウェディングプランナーの転職を希望するなら面接で確認しておきたい5つのこと

ウェディングプランナーの面接

ウェディングプランナーは以前から人気の高い職種で、お客様の一生に一度の晴れ舞台に立ち会えるだけではなく、自分の仕事を通じて多くの人を笑顔にすることができる非常にやりがいのある仕事です。また、日本全体では人口減少期となっているものの、冠婚葬祭業界は景気の変動にも強く、ITなどと比べて比較的安定した業界規模の推移となっています。一方、ブライダルの専門学校があるほど新卒・中途とも採用倍率が高く、ウェディングプランナーを希望してもそう簡単になることができないのが実情です。そこで、今回の記事ではブライダル業界で面接官をしていた経験をもとに、ウェディングプランナーを希望すときに面接で確認しておきたいことをまとめました。応募前に参考にしてみてください。

続きを読む

最近伸びてきているフォトウェディングの市場規模はどれくらいあるのか?

フォトウェディングの市場規模

業界のシュリンクが続いているブライダル業界の中でも最近成長を続けているォトウェディング。一般的な結婚式と比べて低価格であり、2人だけで行えて形にも残る、というウェディングスタイルで特になし婚層からの支持を集めています。新規フォトウェディング事業の参集も続いており、市場としてはまだまだこれから伸びていくのではないかと思います。そこで、今回の記事では、フォトウェディングの市場規模を試算してみました。

 

続きを読む

【ウェディングプランナー】一貫担当制と分業制の違いとメリット・デメリット

ウェディングプランナーの一貫担当と分業制のメリットデメリット

ウェディングプランナーの業務設計(担当の仕方)は会社によって異なり、「一貫担当制」の会社と「分業制」の会社があります。ある程度の規模の会社であれば最近は「分業制」としている会社の方が多いですが、結局どちらの方がいいのでしょうか。一概に優劣をつけることは難しいですが、ウェディングプランナーの仕事で関わるお客様やパートナーはもちろん、所属する会社、そしてプランナー自身にとってどちらの精度だとどのように違うのか、もしこれからウェディングプランナーを目指すのであればきになるところですよね。そこで、今回の記事では「一貫担当制」と「分業制」の違いやそれぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

続きを読む

ブライダル業界の年収ランキング

ブライダル業界の年収ランキング

人生で一番の幸せが溢れる瞬間に向けてお手伝いをするのがブライダル業界の仕事、ブライダル業界の仕事は特に女性からの人気が高く、今も新卒・中途問わず人気の高い業界です。でも、ブライダル業界の仕事と一言っても実は職種は様々で、会社から与えられる役割や企業規模など、同じブライダル業界でも働き先によって、その働き方は実に多様であると言えます。そこで今回の記事では、ブライダル業界の仕事内容や職種などの基本的な知識から、気になる年収までを紹介します。

続きを読む

ブライダル業界の市場規模はいくら?関連市場も含めた算出結果まとめ

ブライダル業界の市場規模_サムネイル

「ブライダル業界 市場規模」で検索すると様々なページでいろいろな情報が出てきます。すでにブライダル業界で働いていてマクロな動向をつかみたいとき、これから新規事業を立ち上げるから市場規模がどれくらいあるのか知りたいとき、外部の業界からブライダル業界への進出を検討しているとき、など、内外問わず多くの方が知りたいと考えるタイミングがあるのではないかと思います。ただ、結婚式に至るまでのどのフェーズを事業ドメインとするのか、結婚式のスタイルなどターゲットとなるユーザー像をどこまで細分化しているのかによって、その見立ては大きく変わってくるので、事業企画前により正確に知っておくことが必要です。そこで、今回の記事では「ブライダル業界の市場規模」について、様々な情報ソースをもとに関連市場全体と細分化した市場規模を算出してみました。

※数値はこの記事執筆時点(2018年10月)で得られた情報をベースにしています。

続きを読む

国内リゾ婚(リゾートウェディング)の市場規模はどれくらいなのか?

国内リゾ婚の市場規模

今回の記事では、ブライダル業界における「国内リゾートウェディング(以下、国内リゾ婚)」の市場規模を算出しました。通常の国内の挙式・披露宴と比べると単価は低いものの、ここ10年ほど、沖縄を中心に急激に拡大してきたウェディングスタイルです。フォトやハネムーンを兼ねてこのスタイルを選ぶ新郎新婦も多いでしょう。ただ、伸びてはいるもののそもそもの規模が大きいわけではなく、また伸びている地域も沖縄に限定されるので、市場を読む際はその点で注意が必要です。既に国内の結婚式場を運営している会社が事業拡大を検討するケースや、海外ネットワークを持っている異業種からの新規参入や業務提携を検討している方などの参考になればと思います。

続きを読む

【保存版】明日から使える!結婚式場の予算の作り方

結婚式場の予算の作り方

結婚式場の経営者や運営者、または経営企画の担当者は毎年予算を作っていると思います。特に上場企業では予算と決算の公表が義務付けられていますし、株主期待を裏切らないためにも精度の高い予算策定が求められます。高い目標を掲げて気合と根性と営業力で押し通すような会社もありますが、本来予算とはその数値に基づいて一つ一つの意思決定がなされていく基準となる数値であり、サービス提供を受けるユーザーに対してはもちろん、働く社員や様々なステークホルダーに対して真摯に正確に作られるべきものだと思います。ただ、正確に作るにも意外と大変なのでどんぶりで作っている会社も多いようです。そこで、今回の記事では具体的な予算フォーマットを作りながら、結婚式場の予算を作るときのポイントについてまとめてみます(今回の記事の対象はPLすべてではなく売上予算まで、です。)。

続きを読む

【ブライダル集客】来館予約のCPA(予約単価)が30万円でも大丈夫な理由

ブライダルのCPAが30万円でも大丈夫な理由

結婚式場の集客責任を担っているマーケティング部門では、来館予約単価、来館単価、成約単価の指標を管理しているところは多いと思います(CPAとも呼ばれます、Cost per Aquisionの略です)。それぞれの単価は広告宣伝費を来館予約数、来館数、成約数で割って計算し、この値が低い方が効率的に来館・成約を獲得できていることになります。媒体別や会場別に数値を出して媒体効率の優劣をつけて出稿判断をしたりするための指標ですね。比較的どこの会場でも用いている指標の1つだと思いますが、良し悪しを決める具体的な数値基準はどのように決めているでしょうか?だいたいの会場が来館単価は5万円、成約単価は15万円を下回っていたらOK、というようにざっくり決めていることが多いのではないかと思います。私が以前働いていたときでは、絶対値の基準として「来館予約単価が30万円を下回ればOK」を目安として広告を運用していました。この話をすると多くの方に驚かれるのですが、きちんと会社の数字を把握すればこの数字でOKであることは必然的に導かれるものだと考えています。そこで、今回の記事では、来館予約単価の計算方法と基準値の決め方、30万円でもOKだった理由について書いてみます。

続きを読む