更新日 2020年09月15日

2020年に入ってから出された少人数ウェディングサービスのまとめ

2020年に入ってから出されたブライダルのオンライン相談サービスまとめ_サムネイル2

コロナウイルスの感染拡大防止のためこれまでのような大人数での結婚式を予定通り行えない期間が続いています。家族のみや親族のみでの開催を検討する新郎新婦も増え、それに対応するように少人数ウェディングのプランやサービスをリリースした企業も増えてきています。そこで今回の記事では2020年に入ってからリリースされた少人数ウェディングのプランやサービスをまとめました。

#新しい結婚式のカタチ(鳥善)

“1回の結婚式の予算で2回の結婚式を実施できる”特別なプランを提供。時期も人数も諦めることなく理想の結婚式を実現することができるサービス。

 

花ノ家族婚(ファンダーラックス)

1泊2日の家族だけの結婚式を提供するサービス。フローリストをはじめとする作り手たちが、おふたりからしか生まれない世界観を花で表現することが特徴。

 

Social Distance Wedding Plan(T&G)

結婚式の会場を屋外施設とし、ゲストとの距離を十分確保できるセッティングや、距離を保ちながらも一体感を生み出せる演出などで“安心”を提供。オートクチュールデザインの新プラン。

 

Anyのふたり挙式(くふうカンパニー)

  • リリース日:2020年年6月25日
  • サービスサイトURL:https://anymarry.mwed.jp/ceremony/
  • 運営企業:株式会社アールキューブ(株式会社くふうカンパニー)

全国80以上の挙式会場の本格チャペルにて、ドレスなど必要なアイテムが揃った挙式が98,000円から開催できるサービス。新ブランドAnyのサービスの1つ。

 

Simple Wedding by RIVIERA(リビエラ)

「私らしい結婚式」をコンセプトにしたニューノーマル時代の新しいウェディングスタイル。少人数向けのパーティで、最短、挙式・パーティ1週間前のオンライン打ち合わせを可能、アイテムの持ち込みも自由。

 

“W(ダブリュー)” Anniversary~2Daysウエディング~(リーガロイヤルホテル東京)

挙式とアフターパーティ(披露宴)を別日に開催し、それぞれに招待するゲストを分けることで密を避け、感染リスクを減らした環境で行う新しいウエディングスタイル。

 

Private Wedding(LANDRESS WEDDING)

挙式・披露宴・宿泊がすべて1つの会場を拠点に可能となる、「貸切」+「滞在型」のウェディングプラン。

 

NEXT WEDDING(ベストブライダル)

50名150万円からという価格で、挙式、貸切邸宅でのパーティ、フルコース料理、ドリンクなど、ウエディングに必要なアイテムすべてが揃うプラン。

 

チアーズプラン(アニヴェルセル)

10~29名の少人数向けプラン。ゲストハウスで執り行う会食形式でのパーティ。

 

マイクロウェディング(メイション)

移動距離を最小にして上質な時間・空間・体験を味わう「マイクロツーリズム」のように、参列者を最小にして、大切な人と上質な時間・空間・体験を味わえる結婚式。

 

少人数ウェディングサービスについてまとめ

以前から少人数ウェディングを行う新郎新婦はいましたが、コロナウイルスにより一層注目されているウェディングスタイルだと言えます。また、

  • 少人数×2回の開催
  • 少人数×ライブ配信
  • 少人数×旅行

など、少人数ウェディングをそれだけで行うのではなく様々な付加価値のサービスがどんどん増えてきています。式場運営企業としては厳しい環境であることに変わりはないのですが、こういった新しいサービスがいずれ定着していって多様性がある業界になっていくといいなと思います。

アバター

この記事を書いた人
SakaiAyana

CATEGORY同じカテゴリーの記事