更新日 2020年05月30日

流しテーブル型

流しテーブル型

披露宴会場でのゲストテーブルのレイアウトの1種。新郎新婦のメインテーブルに向って長方形のテーブルを置いておく形。「流し」と省略したり、「くし形」ということもある。皇族の晩餐間などに用いられる格式の高さを感じさせる。海外のパーティーなどでも用いられることから流しテーブルを希望する新郎新婦もいる。ゲスト1人に対してカトラリーやグラスなど置く為に1メートルは最低でも確保が必要。会場によっては円卓しか用意がない場合もあるので、その場合はテーブルとそれに合わせたクロスをレンタルをする。レンタル料は別途発生する。
 
ブライダル用語集
 
 
 
 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。