マイナビウェディングからの集客を徹底攻略【結婚式場の集客担当者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マイナビウエディングの集客攻略方法

大手企業のマイナビが運営するの結婚式場情報サイトの「マイナビウエディング」。ゼクシィやみんなのウェディング、ウエディングパークと比べると後発媒体で、以前は首都圏掲載がほとんどでしたが、最近では東海圏や九州(福岡)、さらに東北(宮城)での情報掲載を開始しており、取り扱い会場数は順調に伸ばしてきている媒体です。マイナビウエディングからの集客導線には、ウェブサイトからの誘導とウエディングサロンからの送客の2つがあるので、集客を伸ばしていこうとするならウェブ媒体として有効活用することと、エージェント機能の有効活用の2つを実施してくことが必要ですし、ウェブサイトではマイナビウェディング独自のコンテンツも多いのでそのようなポイントも理解することも必要でしょう。今回の記事では、この「マイナビウエディング」からの集客を伸ばすためのポイントを書いていきます。

マイナビウエディングからの集客の基本導線を理解する

ユーザーが来館予約をするまでの流れ

マイナビウエディングのユーザー導線

マイナビウェディングにはウェブサイトとウェディングサロン(実店舗)があり、ユーザーがマイナビウエディングを通して来館予約にいたるまでの基本導線はそれぞれ以下の通りです。

  1. 検索エンジンでの検索やリスティングやSNS広告などのウェブ広告、SNSなどをクリックしてサイトへ遷移
  2. サイト内を回遊し、サイトで自分で探すかサロンに行って相談するかを決める(ここまで共通)

●ウェブサイトで探す場合

  1. サイト内の結婚式場を検索するページで検索をする(エリアから探す、ランキングから探す、など)
  2. 気になる結婚式場のページをクリックし、詳しい情報を見る
  3. ブライダルフェアページをクリックし、日程とフェア内容を確認して来館予約をする

●ウエディングサロンで相談する場合

  1. サイト内のウエディングサロンページからサロンの来店予約をする
  2. 実際にサロンに来店する
  3. サロンスタッフの接客を受けてユーザーが気に入ってくれれば来館予約をその場でする

このように2パターンの導線であることを理解したうえで、集客を伸ばしていくためにはそれぞれのステップ別のKPIを高めていく取り組みが必要になります。

マイナビウエディングサイトからの集客を伸ばすために必要なこと

来館予約をゴールとしたときのKPI

【ウェブサイト】マイナビウエディングの集客KPI

上図はユーザーフローとKPIを表現したものです。マイナビウェディングのウェブサイトからの来館予約を伸ばしていくためには各ステップの遷移率を上げていくことが必要になります。

  1. ①会場の一覧ページ内で自会場ページのクリック率を高め、会場ページへの流入数を上げる
  2. ②フォトギャラリーやクチコミ、プランなど、会場のコンテンツページを充実させ、ブライダルフェアページへの遷移率を高める
  3. ③ブライダルフェアページに来てくれたユーザーの来館予約の確定率を高める

大きく分けるとこの3点がポイントになりますので、1つ1つを上げるための具体的な施策も詳しく見ていきましょう。※ちなみに、サイトトップページから会場一覧ページへの遷移率はサイト全体のUIや流入導線の問題なので、会場側の取り組みで改善することは実質不可能です。

会場ページへの流入数を上げる施策

会場ページへの流入数を上げるためには、ウェブサイトの中で少しでも多く表示され、少しでも高い確率でクリックされることが必要になります。

会場ページへの遷移数=サイト内表示回数×クリック率

サイト内の表示順位を上げるための施策

マイナビWで会場ページの流入数を上げるポイント

マイナビウエディングに限らず、GoogleでもYahoo!でもそうですが、ウェブの世界では掲載順位が1つでも上のほうがユーザーに見られる確率が高くなりクリックされやすくなります。マイナビウエディングもウェブサイトなのでこの原理は同様で、会場検索されたときにいかに上に表示されるかが重要になるわけです。

  • エリアから探す
  • パッケージプランを探す
  • 直前オトクプランを探す
  • フェア・試食会を探す
  • 特集から探す

マイナビウエディングには主に上記5つの検索方法があるので、これらのボタンを押したときに上位表示されるための施策を実行していくことが必要です。ただ(当たり前ですが…)、表示順位を決めるアルゴリズムは公開されていないので、この施策を実行すれば必ず順位が上がります!とは言いきれるものではないという点はご了承ください。

「エリアから探す」の表示順位

通常の検索結果の中に、[PR]とついた会場がありますが、これはおそらく追加料金が必要な広告メニューの1つでしょう。つまり、ある程度(金額は分かりませんが…)広告費を支払うことで一覧結果で上位表示することは可能のようです。

マイナビウエディングの検索結果画面

一方、通常の検索結果の表示順位の規則性は分かりませんでした。ただ、「直前オトクプラン」と「パノラマ」のタブがついている会場は最上位に、ついていない会場はその次に表示されているので、こういった追加機能への出稿(有料だと思います)有無は順位に影響していそうです。また、もらえるTポイントの金額や、価格の高い安いというのはあまり関係ないようです。まとめると、ある程度はお金を積むのが必要そうですね…。

結婚式プランを探す

続いて「結婚式プランを探す」です。それなりに利用者数は多そうです。

マイナビウエディングのプラン検索

ここの表示順位ロジックも正直よくわからないですが、絞り込み条件が「料金・金額」「招待人数」「挙式予定日」「こだわり条件」などかなり細かく設定可能なので、会場側でプラン設定するときにできるだけ幅広い条件に対応できるようなプラン構成を組むべきでしょう。特定の人数帯のみのプランでは検索の面を取ることができないので、プラン設計は非常に重要だと思います。プラン構成の考え方は詳しくは以下の記事をご覧ください。

【ブライダルのウェブ媒体】ユーザーに選ばれるプラン構成のポイント3つ

直前お得プランを探す

カテゴリとしては同じプラン検索ですが、マイナビウエディングの特徴として直前お得プランの検索ができます。直近での結婚式を希望するカップル向けに、他の媒体よりもお得なプランが掲載されていて、集客力の強いコンテンツだと思います。

マイナビウエディングの直前お得プランを探す

プランのところと同じく、プラン構成をしっかりと設計し、幅広く表示されるように心がけるといいと思います。もしかすると掲載が有料かもしれないなとは思いますが…(知らないので、すみません)。

クリック率を上げる

ユーザーの検索方法別に上位表示されるためのポイントを挙げましたが、次にクリック率を上げるための施策です。会場一覧ページやプラン一覧ページで上位表示されてもクリックされなければ会場ページの流入数は増えませんので、以下、ポイントを挙げてます。

マイナビウエディングでクリック率を上げるポイント

検索ページで表示される写真はその会場で最も魅力度の高い写真を設定しましょう。この画像によって会場の印象が決まるのでクリック率が変わりますし、スクロールしているときにフッと手を止めてもらえるかどうかが勝負です。リード文では、できるだけ具体的数値を盛り込み会場の魅力を端的に伝えられる文章を書きましょう。文字数が限られているので特にアピールしたい点を絞り、写真と相関性のある内容を書けるとベターです。また、表示されるブライダルフェアも試食や試着など、引きの強いものを選ぶようにします。会場ページへの流入数を増やすためには、上位表示されるための地道な取り組みと、クリック率を上げるためのこまめなチューニングをしっかりと運用することが重要です。

会場の各コンテンツページの回遊させ、ブライダルフェアページへの遷移率を上げるために必要なこと

マイナビWでブライダルフェア誘導率向上のポイント
会場ページの回遊率を高め、来館予約に近いブライダルフェアページへの遷移率を高めるためには、ページ内の各コンテンツの内容を一貫性をもって整え、定期的に更新をし続けることが重要です。

会場TOP(基本情報)

マイナビウエディングの最新の広告管理画面でどこまで会場側で設定可能かわからないですが、少なくともファーストビューで表示される写真の選定には細心の注意を払いましょう。この写真で「あ、違うな」と思われたらそこで離脱されてしまうので、ユーザーの反応率が高い写真を選ぶべきです。

写真

パノラマは有料オプションだと思うので、余裕があればでいいかと思いますが、先ほどの検索ロジックにも影響していそうですしできれば撮ったほうがいいと思います。マイナビウエディングはウエディングパークなどの媒体とは違い会場側で設定する写真のみでユーザー投稿の写真は掲載されないので、施設写真、演出写真、料理やケーキなどのアイテム写真をバランスよく豊富に掲載するように心がけるといいでしょう。もちろん、新たに撮影をしたら写真の差し替えも必須です。

パッケージプラン

パッケージプランは、構成と内容が重要です。もしプランを組むことが可能なら設定したほうがいいのが以下の4つのプランです。

  1. 少人数プラン
  2. マタニティプラン
  3. 二次会プラン
  4. 会費制プラン

この4つのプランはユーザーからのニーズが強い順番に並べています。この4つのプランはすでに設定している結婚式場も多いので、もし設定していないと式場間比較ができなず選択肢から外れてしまう可能性が高くなります。先ほどの列席人数のバランスも含めてこの4つ+シーズンプランを設定できれば良いかと思います。

費用シミュレーション

すみませんが、ここは何が会場側で設定できるのかが全く分からずあくまで予想ですが、おそらくアイテムごとの単価を設定できるものと思います。他の媒体(ゼクシィなど)に掲載している見積りなどと大きく乖離しない金額を設定したほうがいいと思います。

特典

特典を設定するコツは「何をしたら」「どんなメリットがあるのか」を具体的かつ簡潔に示すことです。来館特典なのか成約特典なのか、金額を値引きするのか、オプションアイテムをプレゼントするのかなどはしっかり明記するようにしましょう。業界で働く人が思っている以上に新郎新婦は結婚式に無知です。とにかくわかりやすくお得感と納得感のある特典設計が重要です。

アクセス

特にポイントはありませんが、マイナーな最寄り駅と合わせて、ターミナル駅からの時間も書いたほうがいいでしょう。例えば東京であれば、東京駅や品川駅などの新幹線停車駅や、羽田空港からモノレール1駅で行ける浜松町などからの所要時間は、遠方からゲストがどれだけ列席しやすいかもアピールポイントになります。

ブライダルフェアから来館予約完了率を上げるために必要なこと

最後に、ブライダルフェア設定のポイントですが、ブライダルフェアの改善方法については、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

集客力を最大化する!ブライダルフェアのタイトルのつけ方と構成のポイント

ポイントだけピックアップすると以下の通りです。

  • 最も集客力のある代表フェアと複数のサブフェアで構成する
  • 多すぎず少なすぎず、来館しやすい時間帯にフェアを設定する
  • ユーザーにワクワク感とメリットが伝わるタイトル
  • タイトル以外のコンテンツも細部まで手を抜かずに丁寧に更新

かなりボリュームの多い記事になっていますが、ここを改善するだけで1.5倍~2倍くらいは来館増を見込めるケースもあるので、一つずつの要素を丁寧に改善してきましょう。

マイナビWのウェブサイト集客アップまとめ

長くなりましたが、ここまでがマイナビウエディングのウェブサイトからの集客をアップさせるためのポイントです。続いて、ウエディングサロンからの集客をアップさせるポイントについてもまとめます。

 

マイナビウエディングのウエディングサロンからの集客を伸ばすために必要なこと

【サロン】マイナビウエディングの集客KPI

ウエディングサロンでは、来店した新郎新婦にヒアリングを行い、希望に合った条件の結婚式場を紹介しています。異業種だと、賃貸物件を借りるときの街の不動産屋さんとか(家を借りたい人に希望にマッチした物件を紹介する)、転職するときの転職エージェントとか(転職したい人に希望にマッチした求人を紹介する)などのマッチング・紹介サービスとほぼ同じで、マイナビウエディングだけでなく、ゼクシィなびやハナユメ、東京ウエディングコレクションなどもいわゆるエージェント事業を展開しています(カウンターとも呼ばれます)。

エージェントからの集客を最大化するためのポイント

マイナビウエディングに限らず、エージェントからの集客を最大化するためのポイントは以下の記事にまとめていますので、詳細はこちらをご覧ください。

【ブライダル】エージェント(カウンター)からの集客を最大化するためのポイント

マイナビウエディングのウエディングサロン攻略で特に注意すべきこと

エージェント送客の体系的な部分は先ほどの記事にまとめていますので、マイナビウエディングに特化したポイントを簡単にまとめます。

  • 他のエージェントと比べてサロン数が少ないので、頻繁過ぎるエージェント訪問は不要
  • 送客後の接客の質を重要視しているので、ユーザーからクレームあると送客に影響出やすい
  • サロンスタッフにブライダル経験者比率が高い(と思う)

これらは明確な根拠があるわけではなくあくまで私個人の印象ですが、そんなに大きくはずれていないのではないかと思います。他のエージェントと比べて営業感が薄く、自分たちが送客をしたお客様がいい結婚式を挙げてもらいたい、というマインドが強いイメージなので、明らかにクレームになるような新規接客をしたりするとそこから送客が止まることも起こりえます。そのため、例えば競合つぶしのような新規接客をする癖のあるメンバーや新人スタッフのアサインを避けるようにしたりした方が無難かもしれません。一方、その分しっかりヒアリングをして送客をされているので真摯な新規接客をすると成約率は高くなると思います。

 

まとめ

マイナビウェディングからの集客はWEBサイト経由とウエディングサロン経由があり、ウェブ集客とサロン集客がそこまで連動しているわけではないので、その両方の施策を企画し忠実に実行していくことが大事です。それなりに大変です。ただ、首都圏や関西以外の地方はここ数年で進出しているので、媒体自体の認知度や集客力はまだ地方ごとに大きな差があるようです。そのため、首都圏以外の会場の集客担当者の方はマイナビウエディングからの集客ポテンシャルがどれくらいあるかを冷静に見極め、そこまで大きくないと判断したら優先順位を下げてもいいでしょう。もし今後九州や東北、東海などで今よりも媒体力がついてきたらより注力していくといいと思います。

 

おわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」配信中!

メールマガジン「ブライダル業界の”裏”知恵袋」では、毎回1つのテーマやトピックについてブログでは書けない内容をより深く・本音でお送りしています。

メルマガの講読は完全無料で、毎週配信しております。

  • 新しい角度からブライダル業界について見てみたい
  • ブライダル業界について深く学びたい
  • アナロジーにについて知りたい

などの方は、ぜひご購読ください。

 


無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*