みんなのウエディングからの集客を徹底攻略!【結婚式場の集客担当者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
みんなのウェディングの攻略

結婚式場の口コミサイトの「みんなのウェディング」。口コミだけではなくランキングや実際の費用明細などの情報も掲載されていて、業界的にはゼクシィに次ぐ2番手くらいの利用数のある媒体です(だいぶ差はありますが・・・。)。みんなのウェディングはカウンター送客も行っていますが、ウェブサイトから結婚式場の来館予約をすることが基本導線となります。多い式場では月間数十組の来館予約を獲得していて、うまく使いこなせれば費用対効果の面でも非常に優秀だと思います。一方、口コミサイトという特性上、ゼクシィのように出稿量を増やせば比例して来館が伸びるわけではないので攻略は一筋縄ではいきません。今回の記事では、この「みんなのウェディング」からの集客を伸ばすためのポイントを書いていきます。

みんなのウェディングの基本導線を理解する

ユーザーが来館予約をするまでの流れ

みんなのウェディングのユーザーの流れ

みんなのウェディングはウェブサイトです。
ユーザーがみんなのウェディングを通じて来館予約にいたるまでの基本導線は以下の通りです。

  1. リスティングやSNS広告などのウェブ広告、検索エンジンでの検索、SNSなどをクリックしてサイトへ
  2. サイト内の結婚式場を検索するページで検索をする(人気度で探す、口コミで探すの2つ)
  3. 気になる結婚式場のページをクリックし、情報を見る
  4. ブライダルフェアページをクリックし、日程とフェア内容を確認して来館予約をする

みんなのウェディングのユーザーの導線

この導線上の一つ一つの遷移率を高めていく取り組みが必要になります。

来館予約をゴールとしたときのKPI

みんなのウェディングの集客におけるKPI

上図はユーザーフローにKPIを乗せたものです。みんなのウェディングからの来館予約を伸ばしていくためには各STEPの遷移率を上げていくことが必要になります。

  1. 会場の検索ページ内で自会場のページをクリックされる確率を高める
  2. 自会場のページに来てくれたユーザーのブライダルフェアページへの遷移率を高める
  3. ブライダルフェアページに来てくれたユーザーの来館予約の確定率を高める

大きく分けるとこの3点がポイントになります。では、具体的な施策を次に書いていきます。

みんなのウェディングからの来館予約を伸ばす施策

会場ページへのクリック率を上げる施策

このクリック率に影響を与える要素をさらに細分化すると、サイト内検索順位とクリック率に分解できます。つまり、会場ページへのクリック率を上げるためには①いかに会場検索ページ内で上位に表示されるか、②サイト上で表示されたときにクリックしたくなるクリエイティブをどのように設定するか、の2点がポイントになります。

サイト内検索順位を上げるための施策

みんなのウェディング内の会場検索方法

みんなのウェディングに限らず、ウェブ上では掲載順位が上のほうが発見される確率が上がるのでクリックされやすくなります。GoogleもYahoo!もみんなそうです。みんなのウェディングでも同様に会場検索されたときにいかに上に表示されるかが重要になるわけですが、みんなのウェディングでは2つの検索方法があります。

  • 注目度順
  • 口コミ評価順

それぞれの検索方法での掲載順位を決めるアルゴリズムは公開されていませんし、結構頻繁に変わっている印象なのでこれをやれば必ず順位が上がる!とは言えません(えらそうに書いておいてすみません)。また、全ユーザーがこの2つの検索方法をどれくらいの割合で利用しているのかも公開されていません。普通に考えると媒体側の業績目線で言えばお金で順位が変わる「注目度順」のほうを使ってほしいと思いつつ(媒体の売上につながるから)、事業の大儀としての口コミ情報でいい結婚式選びを実現するという視点では「口コミ順」を使ってほしいといったところでしょう。現状では前者のほうが強いのか、エリアから探すで入ったときにデフォルトでは「注目度順」となってますね。

注目度順

会場ページの充実度と出稿しているプランの種類によって決まっていました(ような気がします)。※最新でどうなっているのかは営業担当の方に確認してみてください。ある程度は教えてくれるはずです。

  • フォトギャラリーに●点以上の登録がされている
  • プランが設定されている
  • ブライダルフェアが設定されている

などなど、だった気がします(思い出せたら追記します)。このランキングに口コミ評価は関係ありません!実際に、2017年6月時点の注目度順の掲載順位と口コミ点数ですは以下のようになっていて口コミ点数とは無関係です。

  • 1位:ウェディングスホテル・ベルクラシック東京/4.13
  • 2位:St.Aqua/4.03
  • 3位:FAST WEDDING VITA 品川(天王洲)/4.18
  • 4位:セレス高田馬場サンタアンジェリ大聖堂/4.21
  • 5位:ホテル椿山荘東京/3.95

注目度順で掲載順位を上げるためには、コストを掛けずにできることをを愚直に全部やる、出稿プランが多いほうが高くなる部分の要素については広告宣伝費予算との兼ね合いで決めていけばいいと思います。

口コミ評価順

こちらは口コミ評価が高い順番で掲載順位が決まりますので、口コミ評価をいかに上げていくかを考えることになります。そのためのポイントは

  • 高い評価点を得られるような質の高いサービス・商品をつくり提供する
  • それを口コミに書いてもらうための仕組みを作り運用する

この2点を両方きちんと運用できていることが大切です。いい結婚式をつくっていても口コミを書いてもらえなければ意味がありませんし、口コミを書いてもらっても悪い点数ばかりではあがりません。

前者についてはそもそも論のところがあるのでここでは割愛しますが、本当にユーザーが求めてるものを提供するための企業努力は継続して行うべきことと思います。

後者についてはユーザーがうっとうしいと思わない程度にプッシュしていくことが大事なので、そのためのコツを書いておきます。

  • プランナーから伝えることを必須とする業務フローを作る
  • 口コミ投稿をオススメするフライヤーを作成してユーザーに渡す
  • みんなのウェディングからの口コミ投稿に対するインセンティブがあることを周知する
  • 引出物袋に口コミ投稿を依頼するフライヤーを入れる(ちょっとリスク高い)
  • 口コミ投稿数と評価点をプランナーの評価基準の項目に組み込む

これらできちんと成果を出すためには業務フローもしくは評価基準の中に組み込んでしまうくらいに仕組み化してしまうことが重要です。意識して取り組みましょう!程度だと、現場のメンバーは多忙なのでどうしてもうまくいかないことのほうが多いです。年単位で成果が出せるよう、地味ですが根気強く取り組んでいきましょう。

※絶対にやってはいけないこと

口コミ業者を使う、社員でアカウント作って口コミ書くなどのやらせ・サクラ行為は絶対にやめたほうがいいです。倒産したブリリア系列の会場でよくやられていました。口コミ件数が1件で5.00の投稿が多数並んでいる、ブリリア系列の会場の口コミだけ、すべて5.00で投稿されている、など、異常な投稿が続いていました。ちょっと注意深いユーザーならおかしさに気付きますし、業界内の他社のスタッフでも気付きます。炎上リスクが高く、SNSやYahoo!知恵袋、教えてgooなどで一般ユーザーに書かれたらブランドイメージが地に落ちます。やめましょう。

クリック率を上げる

上位表示されてもクリックされなければ会場ページのPVは増えません。どちらかといえば、クリック率を上げる方法というよりは下げない方法、という感じですが、ポイントを挙げます。

みんなのウェディングでクリックされるポイント

検索ページで表示される写真はその会場のキラー写真を設定しましょう。この画像によってクリック率が変わります。プランもできれば少人数とマタニティプランが表示されるようにしたほうがいいと思います。シーズンプランや平日限定プランなどと比べて、ターゲットのボリュームが大きく目に留まりやすいからです。あと、プランの下にある項目は結婚式場側で設定できるのかわからないですが、うそでない限りたくさん表示したほうがいいと思います(広告表示オプション的な考え方でクリック課金でもないので)。

冗費表示されるための取り組みと、クリック率を上げる(下げない)対策をきちんと行うことで、会場ページのPVを増やしていきましょう。

ブライダルフェアページへの遷移率を上げる施策

会場ページにたどり着いたら、次は会場ページの情報をきちんと掲載し、ブライダルフェアに行ってみたいと思わせる対策になります。

みんなのウェディングの会場ページのコツ

式場トップ

今の広告メニュー上、どこまで結婚式場側で管理可能なのかわからないですが、少なくともトップで表示される写真の選定は気をつけたほうがいいでしょう。結婚式場側が見せたい写真というよりはユーザーの反応率が高い写真を選ぶべきです。

口コミ・費用明細

口コミの投稿は結婚式場側ではコントロールできませんが、返信をどのように行うかは対応スタッフの腕次第です。「誠意ある返信を」「できるだけ早く」を心がけましょう。いい口コミの場合は感謝をきちんと伝え、マイナスの評価を受けた口コミに対しても放置するのではなく、謝罪と原因追求、今後への改善策をしっかりと書きましょう。費用明細はどうしようもないですが、明らかに悪意あるもの(競合見学時にやたら高い見積り作らされたと思われるケースなど)は削除依頼を出しましょう。

写真

ユーザーの投稿写真はコントロールできないので、日々きちんと会場の清掃をしましょう、くらいしか対策はありません(でもちゃんとやったほうがいいですよ、ユーザーは見てますからね)。会場側で設定できる写真はトップ同様ユーザーの反応率が高いものを定期的に入れ替えしておきながら、撮影を行った後などは大幅な入れ替えも行いましょう。一度設定してあとは放置、が一番危険です。

フェア・プラン

フェアはまずもれなく設定することが大前提。その上で、みんなのウェディングの場合はゼクシィnetと違い設定されているフェアがすべて表示されるので、一日のフェア数を設定しすぎないように注意しましょう。1日に5つ設定すると1か月分のフェアを表示するのに150行必要になりスクロールが非常に長ってしまいます。そうするとユーザビリティが下がり離脱率が上がってしまうので、1日3つくらいの中で会場のよさがよく伝わるフェアを設定できるといいでしょう。

プランは、商品構成上可能であるならば必須級に設定したほうがいいのがいかの4つ。

  1. 少人数プラン
  2. マタニティプラン
  3. 二次会プラン
  4. 会費制プラン

ユーザーからのニーズが強い順番に並べています。最近は上記プランを設定している結婚式場も多いのでもし設定していないと、式場どうしのプラン比較ができないので選択肢から外れてしまう可能性が高くなります。会場の強みを生かしたプランを設計できる場合は、上記に加えて設定するといいと思いますが、優先順位は5番目以下にしたほうがいいです。まずはマーケットニーズの強いものから、が基本です。

公式情報・アクセス

基本的な設備情報のところは特にありませんが、持込規定と収容人数の点は注意したほうがいいです。絶対不可なら不可と表示することになりますが、最近では持ち込むかどうかはおいておいて、持込不可というだけで検討から外すユーザーも増えてきているので、商品企画含めて検討されたほうがいいでしょう。

来館予約の確定率を上げる施策

最後に、ブライダルフェア設定のポイントをまとめます(このあたりはみんなのウェディングに限らずブライダルのウェブ媒体に共通して使える歩ポイントなのでそのうち単独記事としてまとめます)。

みんなのウェディングのブライダルフェアページ

ブライダルフェア名

何ができるフェアなのか、このフェアに参加するとどんなメリットがあるのか、を簡潔に記載しましょう。例えば、試食ができる、試着ができる、模擬挙式ができる、模擬披露宴ができる、など度のフェアのキラーコンテンツとなるものを入れ、過剰すぎない修飾語を入れられるといいと思います。

  • 試食フェア
  • フレンチ試食フェア
  • 絶品フレンチ試食フェア
  • 絶品フレンチ試食フェア【15,000円相当が無料】

このように同じ内容でも書き方を帰るとユーザーの受け取り方が変わりますので、いろいろ工夫してみてください。そして、フェア内容と関連性の高い写真を設定しましょう。試食がウリのフェアであれば料理の写真を、模擬挙式であれば人ありのチャペル写真、挙式がたくさん入っているので通常の会場見学フェアであれば人なしのチャペルやバンケット写真、などといった感じです。

リード文

ブライダルフェアの内容の詳細を書く部分です。基本的にはフェアタイトルの内容を膨らませて掛ければOKです。

特典

特典は「来館するともらえる特典」なのか「成約するともらえる特典」なのかは明記しないと後々トラブルになりますので、表記上はその点に注意しつつ、きちんと内容を掲載しましょう。

 

施策を実行し、効果検証する

ここまでで、来館予約を目標としたときにKPIを分解し、そのKPIを上げていく為の施策を書いてきました。あとは実行し、数値のモニタリングしながら改善活動を続けていくだけです(といっても、その継続が一番難しいのですが・・・)。

みんなのウェディングの対策表

モニタリングする頻度としては基本月次で大丈夫だと思います。みんなのウェディングからの来館予約数はもちろんですが、KPIの中で計測可能(と思われる)なもの、順位・口コミ点数・口コミ投稿数・人気度はきちんと把握しておくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

導入部でも書きましたが、口コミサイトという特性上、投資額を増やして来館の獲得数を伸ばす、という媒体では基本ありません(もちろんそういうメニューも一部ありますが・・・)。つまり、特効薬がなく地道な努力がものをいう媒体です。時間はかかりますし、口コミの獲得はマーケティング部門だけでなく現場のプランナーの協力も必要不可欠なので、概念と目的をきちんと関係者でコンセンサスをとった上で対策を進めていっていただければと思います。

 

おわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル企業の課題を解決する!法人向けソリューションサービス一覧はこちら

ブライダル業界の課題を解決する様々な法人向けサービスをご紹介しています。

 ●集客改善ブライダルコンサルタント

 ●総合ブライダルコンサルタント

 ●ITシステムソリューション

 ●新規/打合せの担当・接客代行

など、今後も随時追加予定です。業績改善や新規事業の企画などにぜひご相談ください。


ブライダル業界の法人向けサービス一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.