ブライダル業界で今より良い会社に転職する賢い方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職をする上で、最も意識するのは「今より良い会社に転職したい」という点ではないでしょうか。これまで慣れ親しんだ職場を離れて新しいステップを踏み出す転職は人生を左右する大きな決断です。転職先には、自身がさらに新たな経験を積める舞台を正しく選択する必要があります。ここでは、ブライダル業界で今よりも良い会社に転職するための賢い方法についてお話しします。

今より良い会社とはどのような会社なのかを考える

これまでの会社よりも良い会社に転職したい、そう思うことは至って自然なのですが、果たして「今より良い会社」とは一体どのような会社なのでしょう。自分にとって良い会社とは何か、その目指すべき場所が明確になっていなければ、そこへ行きつくこともできません。

まず初めのステップとして、自分にとって今より良い会社がどのような会社なのかを考えていくことが必要です。

ここでは、今より良い会社とは何かを考えるにあたり、特に重要であると考えられるポイントを3つに分けて紹介します。

ポイント①仕事内容

これまで同じブライダル業界で働いてきた場合、転職した後も同じような業務に就くことは多いです。それでも転職することで、仕事内容において今までの会社よりも魅力的だと感じる点があるかどうかを考えましょう。

  • 今の会社では経験できない職種にチャレンジすることができる
  • 今の会社で経験したことを有効に活かせる業務に就くことができる
  • 今の会社の式場とまったく雰囲気が異なる式場でプランナーとしてのスキルをさらに伸ばせる

例えばこの3つの例のように今の会社では経験できないことを次の会社で経験できるのであれば、仕事内容から見て、今よりもさらに自身の成長を見込める良い会社であると考えられます。

ポイント②給与

給与面も転職にあたり非常に重要なポイントです。転職してかならず収入が上がるとは限りませんが、ブライダル業界内での転職においては、その経験やスキルをアピールし、さらに良い条件で転職することが可能になるケースも多いです。

  • 今の会社の査定の仕方では今以上の給与アップがあまり見込めない
  • 他のブライダル企業と比べて今の会社の給与が低く、同じ業種でも他社に転職することで給与が上がる

このようなケースにおいては、転職することで給与面の条件が良くなる可能性が高いため、給与面を重視する場合には転職するメリットが大きいと言えます。

ポイント③今後のキャリアプラン

長い目で見たときに、今の職場にいて1年後2年後、そしてさらに先の未来において、自身がどのような仕事をしていたいかを考えることはとても大切です。

  • 今の会社で将来的にやりたいことが見つからない
  • 将来的に目指したいゴールがあるが今の会社ではそのポジション自体がない
  • 自身が設定したキャリアプランにおいて経験すべきことが今の会社では経験できない

今は何の不満もなく仕事ができていても、その先の自身のキャリアアップを考えたときに、どちらにせよ今の会社では不十分である場合もあるでしょう。その場合は、自分自身が目指すゴールにたどり着くために遅かれ早かれ転職をする必要があります。転職した先で、自分のキャリアプランにおいて必要なスキルや実績を積めるのであれば、その転職には価値があります。

 

今より良い会社に転職するための賢い方法

ご自身にとって、今より良い会社とはどのような会社のことかが分かれば、ここからは転職を具体的にどう進めていくかを考えるのみです。転職した後に、「やっぱり前の会社の方が良かったかもしれない」と思うことのないよう、確実に今より良い会社に転職するためには5つの手順を経ていく必要があります。

ステップ①今の会社に対する不満点をリストアップ

初めに、今の会社のどのような点が原因で転職をしたいと考えたのかを明確にします。このとき、箇条書きで今の会社に対する不満点をリストアップして可視化しましょう。こうすることで、自分自身の考えがまとまりやすくなり、気持ちも整理されます。

ステップ②不満点を今の会社で解決する方法を探す

今の会社に対する不満点を書き連ねたリストを見て、ひとつひとつ解決方法を考えます。このときには、まず転職ばかりにフォーカスせず、今の会社に在籍したまま解決する方法を考えましょう。

例えば、「今はプランナーをしているが本当はプランニングではなく、結婚式のオプション商品などを開発する商品企画の仕事がしたい」と思うと仮定します。この場合、今の会社で商品企画に携わることが不可能なのかを上司に相談してみましょう。これにより、あなたの強い要望のひとつは叶えられるかもしれません。

つまり、「転職しなければ解決しない」と思っていたことが、実は今の会社にいながらにして解決できることもあるのです。そして、もし解決できる場合はそれでも転職をすることにメリットがあるのかを含め、再度転職自体をするか否かを考える必要があります。

ステップ③今の不満が全て解消されるブライダル企業を探す

リストの中にある、「今の会社への不満点」を転職先の企業で解決するには、事前のリサーチが非常に重要です。転職先の企業を選ぶ際には、確実に「今の不満がこの会社に転職すれば全てなくなる」という条件に合った企業を選ぶことが極めて重要になります。企業のリサーチには、自分自身でオンラインでの情報収集をする方法が一般的ですが、詳細にわたり正確な情報を入手するためには転職エージェントを利用するのがおすすめです。

仕事内容や給与面、そして自身のキャリアプランのために有効な転職をするためには、その企業への転職が本当に自分の人生をより豊かにするものなのかを客観的に判断することが大切です。

ステップ④企業の採用担当者から正確な情報を聞き出す

実際に転職活動を始めると、選考過程で必ず面接試験があります。このときには、自分自身を経験者として売り込むことが最優先となります。しかし、面接は企業の採用担当者と直接話ができる絶好のチャンスでもあります。この機会を有効活用し、自分自身が相手企業に対して気になっている点について直接質問をしましょう。

求人情報に記載されている文言から企業の全貌を把握するのは至難の業です。面接は相手から質問されて回答することがほとんどですが、記載されていない事柄や、記載されているけれどももっと詳しく知りたい事柄については、こちらから質問してもまったく問題ありません。

ステップ⑤転職により今の職場にかかる負担を最小限にする

転職は、新しい企業に入社することだけにフォーカスしてしまいがちですが、転職自体を成功させるには今の会社の退職の仕方にも気を付けなければなりません。ここまでのステップで、「ここなら自分の目指す道にもっと近づける!自分に合った転職先とはまさにこの企業だ!」と思えたのであれば、このまま転職へと進みましょう。

注意すべきは、ブライダル業界からブライダル業界への転職においては、円満退職が非常に重要であるという点です。横の繋がりが強いブライダル業界だからこそ、今の職場を退職する際には会社へかかる負担を最小限にとどめるように努めましょう。

 

今より良い会社に転職する賢い方法まとめ

転職を成功させるために必要なのは、「具体的に何が変われば今より良くなる」のかをきちんと理解することです。今の職場で満足できない部分をひとつひとつ書き出し、それぞれをどのように解決できるかを考えましょう。このステップを踏むことで、転職後に「これでは前と変わらない」「前の方が良かったかもしれない」などと思うことは一切なくなります。

ブライダル業界において目指すべきゴールをしっかりと見据えてください。そして、そのゴールに近づくために必要な経験が詰める転職先を選べば、その転職は皆さんのこの先のキャリア形成において、大きな意味を持つ価値のある転職になるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界専門の転職支援サービス

当社が運営するブライダル業界専門の転職支援サービスです(完全無料でご利用可能)。

CTA_人材紹介リンク

【紹介可能企業例】

ワタベウェディング株式会社/株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ/株式会社メイション(スマ婚)/株式会社アルカンシエル/株式会社星野リゾート/株式会社リクルートゼクシィなび/株式会社エイチームブライズ(ハナユメ)、など。他にも非公開求人含めて多くのご紹介可能な企業がございます。

【紹介可能職種例】

ウェディングプランナー/ドレスコーディネーター/企画営業/マーケティング/ウェディングアドバイザー(カウンター接客業務)/新商品企画開発/インフォメーションデスク/サービススタッフ、など。他にも多くのご紹介可能求人がございます。

【キャリアアドバイザー経歴例】

元結婚式場支配人、平均成約率70%超えの元新規プランナー、キャリアアドバイザー歴6年の転職支援スペシャリストなど、ブライダル業界と転職エージェント業に精通したスタッフが転職支援を行います。

 


無料転職相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*