更新日 2020年07月20日

衣裳打合せ

衣裳打合せ

衣装店にもよるが、半年前に打合せを始めて、5回(①新婦衣装②新婦お色直し衣装③新郎衣装④小物合わせ⑤サイズ合わせ)で行うのが一般的。これは、新郎新婦とスタイリストで打合せを行う。それ以外に、列席衣装などがあれば、列席者とスタイリストが打合せを行う。スタイリストが提案したい衣装・新郎新婦が試着したい衣裳を準備しておくことなどが必要なため、予約制をとることが多い。プランナーとの打合せは新郎新婦だけで来館することが多いが、衣装打合せは親御様も来店することが多い。そのため、スタイリストは親御様の意見・新郎新婦の意見を取りまとめるスキルが必要な場合もある。

 

ブライダル用語集

 

 

 

 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。