更新日 2020年06月30日

挙式会場フラワー

挙式会場フラワー

祭壇装花・バージンロードフラワーなどが一般的。それ以外にも、ドアフラワー・祭壇装花などがある。

白・グリーンのデザインが多く、披露宴会場同様に香りの少ない花を選ぶことが多い。中には生花でなくアートフラワーで準備している会場もある。多バンでチャペル内ドンデンが難しい場合は、挙式料に挙式会場フラワー一式と組込まれており、全ての施行で使用する。そのため、新郎新婦の好みに合わせたデザインなど承ることはできない。

(そもそも、挙式会場フラワーに拘りたいという新郎新婦はほぼいない)単バンなどチャペル内ドンデンが可能な場合は、装花アイテムとして新郎新婦ごとに打合せ/準備している場合もある。その場合は、披露宴お開き時に持ち帰りができる場合が多い。

 

ブライダル用語集

 

 

 

 

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。