ブライダル業界の「集客・マーケティング」に関する記事一覧

ブライダル業界の「集客・マーケティング」についての記事をまとめたページです。ゼクシィなどの雑誌、みんなのウェディング、ウエディングパークなどのウェブ媒体、ハナユメなどのエージェントに関する集客手法について、ブライダル業界で働くマーケティング担当者が今一番知りたい内容が盛りだくさん。広告効果を最大化するためにどんな施策を打てばいいのか、ウェブマーケティングの最適な取り入れ方など、手法別に詳しく解説。明日から使える情報満載、ぜひご覧ください。

結婚式場に直近希望者を集客するための方法まとめ

結婚式場で直近希望者を集客するための方法_サムネイル

3月末決算の会社では10月から下期に入りました。そろそろ今期業績の着地見込みも見えてくるころですが、最後の追い込みをかけたい会社もまだ多いのではないでしょうか?このタイミングから今期の業績をもうひと伸びさせるには今期での結婚式を希望するお客様の来館数を増やすか成約率を上げるかのどちらかが必要です。そこで、今回の記事ではこのうちの来館にフォーカスし、直近希望者を呼び込むための集客方法をまとめました。

続きを読む

自社集客を強化してブライダル媒体集客への依存度を下げる方法とは?

ブライダル媒体からの集客依存度を下げる方法_サムネイル

結婚式場の集客って大変じゃないですか?費用対効果が悪化してきているからもっと広告宣伝費も抑えたいし、その上で来館数も伸ばしたい。でも広告宣伝費を減らして来館がさらに減ってしまってはそれも困る。。だから怖くて減らすこともできずにジリジリと現状のまま時間だけが経ってしまう…。そういう課題を持った会社は多いと思います。そこで、今回の記事では、ブライダル媒体への広告投資以外に自社集客をするための方法をまとめました。キーワードは「施策の資産化」です。

続きを読む

これからのブライダルメディアはセレクトショップ化していくと思う話

これからのブライダルメディアはセレクトショップ化していくと思う話_サムネイル

ゼクシィ、ハナユメ、みんなのウェディング、ウエディングパーク…、現在の結婚式場探しのメディアの勢力図はハナユメがどこまで伸びるかという点以外はある程度決まってきている感がありますが、これから先はまた新たな動きが起こるのではないと私は思っています。これまでのブライダルメディアは情報の網羅性が差別化ポイントでしたが、これからは独自性に変化していく、という予想です。たくさんの結婚式場の情報が掲載されているメディアよりも、あるコンセプトに特化した結婚式関連の情報に特化して掲載されているメディアの方が支持を得られやすいのではないかと。今回は、今後のブライダルメディアはセレクトショップ化していくと思う話を書いてみました。

続きを読む

ブライダル業界で働く人のためのよくわかる「ウェブマーケティング」講座

ブライダル業界で働く人のためのよくわかるウェブマーケティング_サムネイル

ゼクシィ一辺倒だった結婚式場集客の時代も終わり、特にここ10年はウェブを使ったマーケティングの優劣で結婚式場集客の勝敗が決まっていると言っても過言ではありません。しかし、ウェブマーケティングと一言に言ってもその定義は幅広く、何を、どこから、どのように取り組んでいけばよいのかわからない人も多いのではないでしょうか?そこで、今回の記事ではブライダル業界におけるウェブマーケティングの導入のきっかけにするべく、その概要と活用方法をウェブ広告運用を中心にまとめてみました。ウェブマーケに取り組みたいけど一歩目が踏み出せない方や、いろいろ試しているがうまくいっていない方などの参考になればと思います。

続きを読む

ユーザーインサイト研究:LINEのオープンチャットがとても参考になる話

ユーザーインサイトを研究するのにLINEのオープンチャットがとても参考になる話

今回はライトな記事です。先日ラインからリリースされた「LINEオープンチャット」をご存知でしょうか?LINEのグループトーク機能を拡張した新機能で、トークルームごとにプロフィールの変更ができたり、ひとつのトークルームに最大5,000人まで参加できるなど、開かれたトークルームのようなサービスです。この記事執筆時点では新規ルームの検索はできないのですが、ここでチャットされている内容がとても参考になるなぁと思ったので記事書いてみました。

続きを読む

結婚式場の集客に広告宣伝費はどこまで突っ込んだらいいのか?

結婚式場の広告宣伝費はどこまで突っ込んでいいのか_サムネイル

ゼクシィの掲載費が高すぎる、ハナユメの手数料が高すぎる、広告宣伝費が多すぎる…、こういった悩みを抱えている結婚式場は多いと思います。その一方、広告宣伝費を削りすぎてもし来館がなくなってしまったらどうしよう…、という不安も同時にあり、何とか抑えたいと思うけど、どこまでどうやって出稿をコントロールしたらいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、今回の記事では結婚式場の広告宣伝費は何を基準にどこまで突っ込んだらいいのかについて、その考え方をまとめました。ブライダル経営者や式場責任者の方にとって参考になればと思います。

続きを読む

ブライダル(結婚式場)のマーケティング施策、簡単まとめ

ブライダル(結婚式場)のマーケティング戦略まとめ

以前に比べて集客方法が多様化してきており、様々な手法への理解や実行経験が追い付かず、今の自社の状況でどんな施策を行うことが最適なのか、ぱっとわからなくなってきてしまっている方も多いのではないでしょうか?このブログでもいろいろな手法についての記事を書いてきていますが、かなり数も多くなってきたので、今回の記事では簡単にポイントをまとめました。結婚式場の支配人や集客担当者にとって参考になればと思います。

続きを読む

結婚式場ホームページはどのようにつくっている?ブライダル大手9社のサイト構造を比較してみた

ブライダル大手9社の会場ホームページの構造を比較してみた_サムネイル

突然ですが、複数の結婚式場を経営している会社で働くあなたに質問です。自社の会場ホームページがどういう構造で作られているかご存知ですか?サイトのデザインや作り、写真素材などには皆さんこだわるのですが、サイトそのものの構造についてはあまりこだわっている方は多くないというのが私の印象です。そこで、今回の記事では、大手結婚式場運営企業がどのように結婚式場ホームページを作っているかを調べてみました。各社に違いがあって面白い内容になっています。

続きを読む

ブライダル業界でCRMを活用したマーケティング施策の可能性はあるか考察してみた

結婚式場で実施するのCRM施策の可能性を考察してみた_サムネイル

ブライダル市場の縮小、接触チャネルの多様化、保有デバイスの変化、新規サービスの続々の台頭など、近年の結婚集客を取り巻く環境はめまぐるしく変化してきており、従来通りの媒体を使った刈り取り型のマーケティングの手法で思うような成果を得られていない会場も増えてきています。これまでの集客方法をより高度に運用するだけでなく、抜本的な新しい施策への取り組みの必要性も上がってきていると言えるでしょう。そこで、今回の記事では最近話題のCRM施策が結婚式場集客でも使えるのか、その可能性について考えてみたいと思います。結婚式場の集客担当者の方やマーケティング部門の方にとって参考になればと思います。

続きを読む

結婚式場の新規来館受付枠の最適な設定方法とは?

結婚式場の新規枠の最適な設定方法

少子高齢化が進んできているうえに、披露宴実施率の低下もあり、最近では特に集客に困っている会場は多いのではないでしょうか。集客改善!となるとまず思いうかべるのが媒体ごとのフェアやプランの攻略法、エージェントへの訪問など「広告の運用」についてですが、集客=来館とするとそれ以外にも細かいチューニングで集客を伸ばすこともできます。そこで、今回の記事では広告以外の集客関連要素である「結婚式場の新規枠」の最適な設定方法についてまとめました。結婚式場の新規マネージャや集客担当者にとって参考になればと思います。

続きを読む