ブライダル業界の「ノウハウ」に関する記事一覧

ブライダル業界納品「ノウハウ」についての記事をまとめたページです。集客から、営業、打合せ、施行に至るまで対お客様についての内容や、計画策定から業績管理、出店など経営や事業運営についての宇会社内部の内容まで、ブライダル業界で働く方々が今一番知りたい内容が盛りだくさん。かなり深く踏み込んだ内容まで体系的別に詳しく解説。明日から使える情報満載、ぜひご覧ください。

【打合せプランナー向け】ロープレのコツ

打合せプランナーのロープレのコツ_サムネイル

コース料理、乾杯酒、人数アップなど各アイテムの受注率や単価アップに大切なポイントはこのブログ内でもまとめていますが、せっかく知識を得ても正しく使えなければ、いざ打合せになるとどのようにすればよいか分からなくなり場当たり的な接客をしてしまう、実践に活かす方法が分からない、ということに陥りがちです。このように、実戦でのスキルアップに苦戦するプランナーは少なくないと思いますが、これを解決する方法で有効なのがロープレです。自身のスキルアップで模索中のプランナーの方に、プランナー育成に課題を感じていらっしゃるリーダー/支配人の方に、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

続きを読む

結婚式場の直近希望者の成約率を高めるための方法まとめ

結婚式場で直近希望者を集客するための方法まとめ_サムネイル

3月末決算の会社では10月から下期に入りました。そろそろ今期業績の着地見込みも見えてくるころですが、最後の追い込みをかけたい会社もまだ多いのではないでしょうか?このタイミングから今期の業績をもうひと伸びさせるには今期での結婚式を希望するお客様の来館数を増やすか成約率を上げるかのどちらかが必要です。そこで、今回の記事ではこのうちの成約率にフォーカスし、直近希望者の成約率を高めるための方法をまとめました。

続きを読む

結婚式場に直近希望者を集客するための方法まとめ

結婚式場で直近希望者を集客するための方法_サムネイル

3月末決算の会社では10月から下期に入りました。そろそろ今期業績の着地見込みも見えてくるころですが、最後の追い込みをかけたい会社もまだ多いのではないでしょうか?このタイミングから今期の業績をもうひと伸びさせるには今期での結婚式を希望するお客様の来館数を増やすか成約率を上げるかのどちらかが必要です。そこで、今回の記事ではこのうちの来館にフォーカスし、直近希望者を呼び込むための集客方法をまとめました。

続きを読む

二次会受注率が高い打合せプランナーの特徴とは?

二次会受注率が高い打合せプランナーの特徴とは_サムネイル

結婚式の2次会を受注することは、結婚式場の開いている施行枠を効率的に稼働させる、売上を確保できる、顧客満足度が上がるなど多くの観点から取扱い商品の中でも重要なアイテムの1つと言えますが、披露宴と違う雰囲気で行いたい、予算はできるだけ押えたい、といった結婚式とは異なる新郎新婦ニーズなどの理由から、自社会場での2次会受注に苦戦しているという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回の記事では2次会受注率の高いプランナーの特徴や実行していることをまとめました。2次会受注率に課題を感じているプランナーの方だけでなく、会場として売上目標達成を目指す戦略の為にもリーダー・支配人の方も参考にしていただければうれしいです。

続きを読む

自社集客を強化してブライダル媒体集客への依存度を下げる方法とは?

ブライダル媒体からの集客依存度を下げる方法_サムネイル

結婚式場の集客って大変じゃないですか?費用対効果が悪化してきているからもっと広告宣伝費も抑えたいし、その上で来館数も伸ばしたい。でも広告宣伝費を減らして来館がさらに減ってしまってはそれも困る。。だから怖くて減らすこともできずにジリジリと現状のまま時間だけが経ってしまう…。そういう課題を持った会社は多いと思います。そこで、今回の記事では、ブライダル媒体への広告投資以外に自社集客をするための方法をまとめました。キーワードは「施策の資産化」です。

続きを読む

新郎新婦もゲストも負担0円!?次世代ウェディングのビジネスモデルとは?

次世代の結婚式のビジネスモデルとは_サムネイル

ブライダル業界の課題はたくさんあるわけですが、70人近い結婚式列席者がみんなそろってピン札3枚持って「おめでと~」とわざわざ時間割いて来てくれているのに、祝福されたはずの新郎新婦の懐には1円も残らず、むしろ出費してるケースがほとんどであること、これはかなり大きな課題点だと思っております。人生最大のお祝いイベントなのに誰の財布も祝われていない。これはいかん!ということで、お財布目線で次世代ウェディングのビジネスモデルを考えてみよう、という趣旨の記事です。

続きを読む

なし婚層向けサービスを企画するときの市場規模の考え方

なし婚層の市場規模の捉え方_サムネイル

ブライダル業界の市場規模は年々減ってきています。少子化に伴う結婚適齢期の人口減少、結婚率の低下(生涯未婚率の上昇)、披露宴実施率の低下(なし婚層の増加)、など複数の要因があり、今後も簡単にはこの流れは止められないでしょう。こういった予測に対し、なし婚層向けのサービスを企画・実施している企業がブライダル業界内外で増えてきています。そこで注意したいのがターゲットの設定と市場規模の考え方。そこで、今回の記事では、なし婚層向けサービスを企画するときに気を付けたい市場規模の考え方についてまとめました。

続きを読む

生産性が高い打合せプランナーの特徴とポイントとは?

生産性が高い打合せプランナーの特徴とは_サムネイル

繁忙期に入ってくると、事務処理が追い付かない、顧客対応が疎かになるなど、打合せプランナーとして業務効率化を課題に感じる機会も増えてくるのではないでしょうか?2019年4月に働き方改革関連法(中小企業は2020年4月から)で時間外労働の上限規制が導入されるなど、世の中としても残業時間を改善しようとしています。個人のマンパワーに頼りがちで労働時間が長いブライダル業界では、生産性を高めることは大きな課題です。今回は、生産性の高いプランナーがどのようなことをしているのかまとめました。打合せプランナーの方だけでなく、リーダー/支配人の方の参考になれば幸いです。

続きを読む

結婚式場の商品は何か?

結婚式場の商品は何か?_サムネイル

ブライダル業界に携わる方にとって、今さら何を?というタイトルですが、結婚式場の商品は何でしょうか?特に新規営業をされている方にとって重要な内容になるわけですが、新規プランナーはお客様に対していったい何を売っているのでしょうか?この問いに対し、実は非常に多くの人が間違った認識を持っていると感じています。そこで、今回の記事では結婚式場の商品とは何か?について、あらためてまとめてみました。

続きを読む

これからのブライダルメディアはセレクトショップ化していくと思う話

これからのブライダルメディアはセレクトショップ化していくと思う話_サムネイル

ゼクシィ、ハナユメ、みんなのウェディング、ウエディングパーク…、現在の結婚式場探しのメディアの勢力図はハナユメがどこまで伸びるかという点以外はある程度決まってきている感がありますが、これから先はまた新たな動きが起こるのではないと私は思っています。これまでのブライダルメディアは情報の網羅性が差別化ポイントでしたが、これからは独自性に変化していく、という予想です。たくさんの結婚式場の情報が掲載されているメディアよりも、あるコンセプトに特化した結婚式関連の情報に特化して掲載されているメディアの方が支持を得られやすいのではないかと。今回は、今後のブライダルメディアはセレクトショップ化していくと思う話を書いてみました。

続きを読む