ブライダル業界の「ノウハウ」に関する記事一覧

ブライダル業界納品「ノウハウ」についての記事をまとめたページです。集客から、営業、打合せ、施行に至るまで対お客様についての内容や、計画策定から業績管理、出店など経営や事業運営についての宇会社内部の内容まで、ブライダル業界で働く方々が今一番知りたい内容が盛りだくさん。かなり深く踏み込んだ内容まで体系的別に詳しく解説。明日から使える情報満載、ぜひご覧ください。

ウェディングアイテムの持込みを防止しつつ顧客満足と業績を両立させる方法とは?

格安にブライダル商品を販売する通販サイトも増えてきている一方、引出物や衣裳といった単価の大きなアイテムが持込となると式場側は売上に大きく影響が出てしまうので防ぎたいところ。しかし、厳しい持込規約を設けると顧客満足にはならないのではないか…、と感じているプランナーの方も多く、その両立に悩む方もいるのではないでしょうか。今回は新郎新婦に持込規約を理解してもらい顧客満足度の高い結婚式を作るための方法について書いてみます。新郎新婦から持込を打診された時どうすることがベストなのか悩んでいらっしゃるプランナーの方へ少しでも参考になれば幸いです。 続きを読む

打合せプランナーがウェディングアイテムの持込防止をするときのポイント

世の中には、新郎新婦に向けて「結婚式の節約術」と持込=節約できるということで持込を推奨し、どのようにすれば持込できるかということを解説したサイトは数多くあります。それを見て持込みの交渉をする新郎新婦に、「持込防止」は永遠の課題と感じているプランナーも多いのではないでしょうか。持込は売上で損失を与える以外にも提供する結婚式のクオリティにも大きな影響を与えます。会場では持込防止規約を設けていますが、「持込料を払っても持込む」ということは実際に多く発生しています。今回は、新郎新婦にとっても、会場にとってもベストな方法を見つけるため、持込ということについてまとめました。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

続きを読む

ブライダル業界の働き方改革、同一労働・同一賃金について具体的対応を考えてみる

「働き方改革」は、一億総活躍社会の実現に向けて2019年から厚生労働省が主導となり進められています。少子高齢化による生産年齢人口の減少、働く人のニーズの多様化など、今の日本には多くの課題があります。この課題を解決すべく掲げられた働き方改革は、大企業や中小企業といった企業の規模や事業内容に関係なく、全ての企業に対応が求められます。そして、この改革の一環として、2020年4月1日より非正規社員の待遇を改善する同一労働・同一賃金が法制化されます。ブライダルの業界では、契約社員、アルバイト、パートタイム社員、派遣社員という様々な雇用形態のスタッフが働いています。同一労働・同一賃金について、既に対応されている企業も多いと思いますが、どのような対応が必要なのか考えてみました。少しでも参考になれば幸いです。

続きを読む

結婚式の打合せでデザートビュッフェの受注率を高めるためのコツとは?

結婚式の演出として人気のデザートビュッフェ。1990年代からレストランウエディング、2000年頃にはハウスウエディングが人気となったと同時に、料理の拘わりや結婚式の自由度が増したことからデザートビュッフェは人気の演出となりました。だれもが体験したことがある定番な演出だからこそ、デザートビュッフェの受注に苦戦している打合せプランナーも多いのではないでしょうか。今回はデザートビュッフェの受注率が高いプランナーはどのようなことを行っているのか、コツをまとめました。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

続きを読む

「即決」か「仮予約」か論争に終止符を打つ新しい営業スタイルを考えてみる

「即決」か「仮予約」か論争に終止符を打つ新しい営業スタイルを考えてみる_サムネイル

即決新規はお客様想いじゃない!でも仮予約していたら即決会場に負けるよ?など、いまだに様々な意見や考え方がある新規営業スタイルどうする問題。個人的な感覚としては即決している会場の方が多いんじゃないかなと思いますが、これが正解というものはないのでよく議論になるポイントだと思います。さて、今回の記事では「即決」か「仮予約」かのどちらかを選択するというのではなく、お客様も式場側もWin-Winになれるこんな方法はどうですか?という提案記事です。

続きを読む

結婚式場ホームページの「ベストレート」表記は意味あるの?

結婚式場ホームページのベストレート表記は意味あるのか?_サムネイル

最近の結婚式場ホームページでは「ベストレート」という表示をよく見かけます。これは「このホームページから予約をすると一番安くなりますよ」ということを表していて、ホテルの公式ホームページなどで予約サイトより宿泊費が安くなります、といったケースでよく見かけます。個人的に結婚式場の集客においてこのベストレート表記は意味がなくむしろマイナスであると思っているので、今回はこちらをテーマに書いてみます。

続きを読む

顧客満足を最大化する為の施行前の社内情報共有のコツとは?

結婚式場を運営をしていく上で非常に重要な顧客満足。打合せ~施行当日の期間には多くのスタッフが関わりますが、スタッフ間での密な情報共有が顧客満足の要となります。しかし、1つの施行に関わるスタッフの多さと膨大な情報量を適切に共有をしていくことに課題を感じている方もいっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、打合せプランナーとして顧客満足度の高める為の施行前の情報共有についてポイントをまとめました。リーダーや支配人、他セクションの方にも参考になれば幸いです。

続きを読む

2019年10月期のアイ・ケイ・ケイ(IKK)の決算について考察してみた

アイ・ケイ・ケイの2019年度の決算分析_サムネイル

企業のIR情報を見て会社の状況や方針を理解できるのは、社会人としての重要なスキルの1つです。そこで、今回の記事では、アイ・ケイ・ケイ(以下、IKK)の2019年10月期の決算説明資料をもとに、その内容について考察してみようと思います。(注)本記事の内容はあくまで個人的な見解であり、投資向けに書いているわけではありません。この記事の内容をご覧になられて投資判断をされても一切の責任を負えませんのでご了承ください。

続きを読む

打合せ担当プランナーの変更希望を受けた時の考え方と対応方法

新郎新婦にとって、打合せ担当プランナーは結婚式を実施すること、さらに顧客満足度を高める上で必要な存在ですが、レスポンスが悪い、希望を伝えてもNOを言われるばかり、何度も同じことを聞かれるなど、新郎新婦の期待を下回ってしまうと、会場責任者宛てに「担当の打合せプランナーを代えて欲しい」と連絡が来ることもあります。支配人/打合せリーダーの方であれば誰しもがあると思います。さて、担当変更が起こった時、どのようなことをすれば新郎新婦にとっても、担当していた打合せプランナーにとっても良いのでしょうか。今回はその対応方法をまとめました。支配人/打合せリーダーの方の参考になれば幸いです。

続きを読む

2020年3月期第2四半期のAOKIホールディングス(アニヴェルセル)の決算について考察してみた

AOKIホールディングスの2020年度第2四半期の決算分析_サムネイル

企業のIR情報を見て会社の状況や方針を理解できるのは、社会人としての重要なスキルの1つです。そこで、今回の記事では、AOKIホールディングス(以下、AOKI)の2020年3月期第2四半期の決算説明資料をもとに、その内容について考察してみようと思います。(注)本記事の内容はあくまで個人的な見解であり、投資家向けに書いているわけではありません。この記事の内容をご覧になられて投資判断をされても一切の責任を負えませんのでご了承ください。

続きを読む