集客力を最大化する!ブライダルフェアのタイトルのつけ方と構成のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブライダルフェアの構成とタイトルのつけ方のポイント

結婚式場の集客において「ブライダルフェア」は非常に重要です。なぜなら、新郎新婦のほとんどはブライダルフェアへの予約を通じて会場見学予約をしてくるからです。ゼクシィやみんなのウェディングなどのブライダル系ウェブ媒体上において、ブライダルフェアのページは、フォトギャラリーや口コミ、プランなど他のページと比べて最も見学予約完了に近いところに位置するので、ここを改善することが来館数を上げる上で最も重要といっても過言ではありません。最近では、多くの結婚式場が「ブライダルフェア攻略」を研究していて以前に比べてかなり改善してきているように思いますが、まだ基本的なところが整っていないなと思うところもあるので、今回の記事では、ブライダルフェアからの集客数を最大化するための基本的なポイントを改めてまとめてみようと思います。

集客におけるブライダルフェアの重要性

ブライダルウェブ媒体上のブライダルフェアページにたどり着いたユーザーは、会場に関するある程度の情報をすでに見ていて実際に会場の見学をしてみたいなと思っている、と想定されます。会場のことをよく理解していないのにいきなり見学予約を取ろうとする人はほとんどいないからです。これはマンションの見学会なども同様で、間取りや価格がわからないのにモデルルームにいきなり行こうとは思わないですよね。

つまり、結婚式場がブライダルフェアページを改善していく目的は、「この会場に行ってみようかな?どうしようかな?」と思っているユーザーに対して、最後の一押しをして、来館予約まで結びつける(=ブライダルフェアの予約フォームの完了ボタンを押してもらう)と言えます。

ブライダルフェアページの位置づけ

続いて、数値面での重要度も見ていきましょう。

ブライダルフェアページの重要性

上図は、先ほどの図にユーザー数と遷移率を追加したものです(数値は適当に入れています)。最終的な予約数を伸ばすためには、以下の数値を伸ばすことが必要です。

  • エリアの会場一覧を検索している人
  • エリアの会場一覧から自社会場ページへの遷移率(①)
  • 自社会場の基本情報ページからプラン、フォトギャラリーページへの遷移率(②)
  • ブライダルフェアページへの遷移率(③)
  • ブライダルフェアページから来館予約完了率(④)

ウェブ媒体経由の来館予約数は

会場基本ページ閲覧者数×①×②×③×④

で計算できるので、①~④のいずれかの数字(または全部)を伸ばすと来館予約数を伸ばすことができます。ただ、現状の運用クオリティにもよりますが、

  • エリアの会場一覧を検索している人数は、媒体の集客力に依存するので会場側の努力で増やすことは不可能
  • ①を伸ばすためには掲載順位の上昇が必要で、そのためにはかなりのコストが掛かるし、すでに掲載順位が上位の会場はこれ以上のアップサイドが見込みにくい
  • ②はフォトギャラリーの拡充、プランの最適設定(詳しくはこちらの記事をご覧ください)をしっかりと行うことで伸ばすことができるが、もともと高い数値なので2倍3倍まで伸びることは見込みにくい
  • ③はあまりこれと言ってできることはほとんどない

となっていて、ここまでを改善することで大幅に伸ばすことは難しいのではないか、というのが私の見解です。

それに対し、④は数値が高くないので改善幅が大きい(1%だったところを2%にすると来館予約数が2倍になる)、きちんとした手順・方法にのっとって実行、運用すればかなりの精度で成果が上がるという経験から、数値面での重要度も極めて高い取り組みだと考えています。

 

ブライダルフェアからの集客を最大化させるテクニック

では次に、ブライダルフェアページから来館予約完了率を上げるために必要なことを書いていきます。先ほども書いたように来館予約につながるかどうかの最後の関門で、このページでユーザーに伝えたいことは、

  • 実際に来館すると何ができるのか
  • 来館したときにどんなメリットがあるのか

この2点をわかりやすく(かつ夢があふれる感じで)表現できているかが重要です。

ユーザーに魅力を伝え来館予約率を上げるためには、以下の4つのポイントを抑えることが重要ですので、1つずつ解説していきます。

  • ブライダルフェアの構成
  • 設定するブライダルフェアの数と時間帯
  • 魅力的なタイトル
  • タイトル以外の詳細内容

ブライダルフェアの構成:最も集客力のある代表フェアと複数のサブフェアで構成する

まず前提として、ブライダルフェアはユーザーニーズに応えるものでなければいけませんが、ユーザーニーズといっても幅広いですし、自社の強みとうまくマッチしたブライダルフェアを設定するのはそう簡単なことではありません。

ゼクシィ、みんなのウェディング、ウエディングパークの大手3媒体のブライダルフェアページを見ると、ゼクシィネットとウェディングパークは1日に1つの代表フェアだけが一覧ページに表示、みんなのウェディングは登録しているブライダルフェアがすべて表示、となっています。ゼクシィネットやウェディングパークだと代表フェアしか表示されないため、その日に最も集客力のあるコンテンツを実施できるフェアを代表フェアに設定する必要があります。

例えば、アニヴェルセルやセントグレースのようなチャペルに自信のあるゲストハウスであれば、チャペル入場体験や模擬挙式、チャペル内のコンサート体験などチャペルの強みを活かしたフェアを代表に設定するべきと思いますし、レストランであれば試食(できればハーフコースやフルコース)ができて料理を体験できるフェアを代表フェアに設定するべきだと思います。

では、この代表フェアが1つでいいかというとそうではありません。会場の魅力は1つではないでしょうし、代表フェアに刺さるユーザー以外のニーズを持ったユーザーを取りこぼしてしまうことからです。先ほどの例だと、ゲストハウスでも料理に力を入れているところは多いので試食フェアは設定すべきだと思いますし、レストランでも素敵なチャペルやバンケットを持っている会場もあるのでオペレーション上可能であれば挙式体験系のフェアなどは設定したほうがいいと思います。また、どの会場タイプでも共通して予算や価格に対してのニーズはありますし、初めての見学に対する手厚いサポートができることなどは会場のウリになりますので、設定してもいいと思います。

個人的に設定したほうがいいと思うフェア訴求軸は以下の4つです。

  • ハード訴求
  • 料理訴求
  • 価格訴求
  • その他の訴求

ブライダルフェアの基本構成

これらの4つの訴求軸のフェアを基本構成として、会場の強みが特に活かせるものを代表フェアに設定するというのが王道かと思います。また、フェア当日の施行状況やシフトによって、会場見学や試食ができたりできなかったりするので、その場合に代表フェアをスイッチできるようにあらかじめ複数のフェアでローテーションし、曜日×集客力の高いフェアのかけ合わせの効果検証はしておいたほうがいいでしょう。

設定するブライダルフェア数と時間帯:多すぎず少なすぎず、来館しやすい時間帯に

次に、フェアを設定する数と時間帯についてです。このポイントでは、自社都合とユーザー都合のいい落としどころを見つける、というのが大事です。まずは設定する数についてから見ていきましょう。

ブライダルフェアの最適な設定数は?

最新の媒体ごとの入稿規定は把握していませんが、ブライダルフェアの登録上限数というものは基本的にないと思っていいでしょう(違ったらすみません、ご指摘お願いします)。そのため、細かなユーザーに対応したフェアを用意しようと考えれば、いくつでもフェアを設定することができます。ただ、ゼクシィとウエディングパークはいくつ設定してもフェア一覧ページに表示されるのは1つなので、数多く設定してもほとんど見つけてもらえません、逆にみんなのウェディングだとすべてが表示されてしまうので、ユーザーが自分の行きたいフェアを探すのが非常に難しくなってしまいます(極端な話、1日に20フェア登録すると1ページ当たりのフェア表示数が20個なので1日ごとにページ遷移しなければいけないので離脱率が上がります)。

ウェブマーケティングの基本ですが、サイト来訪からコンバージョンまでの導線はとにかくシンプルに設計したほうがいいので、数は多すぎないほうがいいでしょう。統計的なデータを取ったことはないので個人的な経験からですが、1日のフェア数は4個あれば十分かと思います。それ以上あると媒体サイト上での検索性が落ちていくと思います。

ブライダルフェアの設定する時間帯

これは当日の施行状況やプランナーのシフトなど、会場ごとのオペレーションと密接に関わってくるのであくまで一般論として書きますが、1接客当たりの平均所要時間が3時間の場合、基本的に土日祝日は1日3枠(午前、午後、夕方)、平日は2枠(午前~午後の可変枠、夜)に設定するのがベターだと思います。

まず土日祝日ですが、午前枠は9時開始、午後枠は13時開始、夕方は17時開始を基本にし、同エリア内の競合のフェアの時間帯や自社会場の施行状況(会場が見られる時間に合わせて)、に合わせて調整するといいでしょう。朝の8時台と夕方の18時以降は来館予約率が落ちてきますので、できれば早くても9時開始、遅くても17時台の開始でフェアの時間を組むといいと思います。1バンケット会場で1日2枠の施行が入ると物理的に見学が不可能という場合は無理に3枠にせず、新規オペレーションがスムーズに回せる2枠設定でもいいと思います。

次に平日ですが、平日休みのユーザーと仕事帰りのユーザーのニーズをそれぞれとらえる時間帯の組み方が必要です。平日休みユーザー向けのフェアは、平日は施行も新規来館もほとんどないので細かく時間を区切ってフェアを設定するよりは大きく時間をくくって時間調整可能、という感じで設定しておいたほうがいいでしょう。一方、仕事帰りユーザー向けは早くても18時開始、駅から遠いなど会場の場所によっては19時開始で設定し、フェアの所要時間を1時間など短い時間で区切って設定するといいでしょう。そうすると、仕事帰りでも立ち寄れてかつ負担になりすぎないようなフェアで来館を呼び込むことができます。

ブライダルフェアの設定数と時間帯

魅力的なタイトル:ユーザーにワクワク感とメリットが伝わるタイトルとは?

タイトルはブライダルフェアを組むうえで最も重要なポイントです。ユーザーは魅力的なタイトルであればクリック(タップ)して詳細を見ようとしますし、そうでなければスルーします。ただ、タイトルは30文字以内という制限がありますし、その中で会場やフェアの魅力となる部分を適切に入れ込むのは、実はなかなか難しいと思います。この記事では具体的なタイトルの事例は割愛しますが、フェアタイトルを考えるうえで注意すべきポイントは以下の通りです。

  • このブライダルフェアに参加すると何ができるのかわかる
  • このブライダルフェアに参加するとどんなメリットがあるのかがわかる
  • 業界用語ではなくどのユーザーでもわかるような平易な単語を使う
  • 相対的な評価や限定表記などでフェアへの参加を後押しするワードを加える

このブライダルフェアに参加すると何ができるのかわかる

主に体験系のイベントなどがこれにあたります。試食、試着、模擬挙式、模擬披露宴、入場体験、演奏会、などのキーワードですね。もしこれらの試食や試着などができるフェアであれば必ずこれらの単語は盛り込むようにしましょう。

このブライダルフェアに参加するとどんなメリットがあるのかがわかる

主に料金や特典に関する表記です。無料試食、最大●●万円分の特典、挙式料半額キャンペーン、などのキーワードです。これも提供できることがあるのであれば加えたほうがいいでしょう。

業界用語ではなくどのユーザーでもわかるような平易な単語を使う

一般のユーザーは思っている以上にブライダル業界の用語を知らない方が多いので、とにかく一般的で平易な単語を書くようにしましょう。当館シェフオリジナルのスペシャリテ試食、よりも、牛フィレ絶品フレンチ試食、のほうが理解されやすいです。あと、ウエディングをWと記載するケースも多いですが、振り仮名を書けない場合は何のことかわからないので、使い方には気を付けてください、(笑)かと思われます。

相対的な評価や限定表記などでフェアへの参加を後押しするワードを加える

人気No.1、口コミ評価No.1、などの評価に関する表記や、限定●●組、先着●●組限定、といった表記です。後者はメリットとセットで使われることが多いので(先着5組限定!フルコース無料試食、など)、活用するといいでしょう。ただ、最近は何でもNo.1と書いていて、同日に設定されているフェアの中にNo.1が3つもある、という会場も見られます。濫用しすぎると信用なくすのでほどほどに使うようにしましょう。

その他

かっこ(【】、()、『』)や記号(!、♪、★、/)をうまく使って読みやすいタイトル表記にするのも1つのポイントです。また、初めての見学でも安心♪、など特定のユーザーニーズに応えるためのフェアもトライしてみる価値はあると思います。

ブライダルフェアのタイトル設定の重要ポイント

タイトル以外の詳細内容:細部まで手を抜かずに丁寧に更新

ブライダルフェアでタイトルが最も重要ではありますが、それ以外の項目もしっかり丁寧に設定しましょう。具体的には、以下のようなポイントです。

  • リード分:フェア内容の詳細を記載、ここもタイトル同様に使うワードと訴求軸をしっかり考えて書く
  • 特典:必ず何かを書くようにする
  • 適用期間:時期は明記しましょう、あいまいな表記は来館後のトラブルの種になります
  • 来館対象者:新婦のみなど1人でもいいならそのことも書いておいたほうが受け入れが広がります
  • その他:タイトルやリード文で書ききれなかった限定特典などがあればここで書いてしまいましょう

 

ブライダルフェア改善の効果検証の方法

ここまで、ブライダルフェアからの集客を最大化するためのポイントを解説してきましたが、これを読んでいきなり完璧なブライダルフェアを設計できるかといえばそうではないと思いますし、私自身もいきなりここにたどり着いたわけではありません。仮説を立て、実行し、結果を検証し続けて少しずつ改善を繰り返してきました。なので、ブライダルフェアの改善は一度やって終わりではなく、結果を見ながら続けていかなければいけません。

効果の検証方法は、自社会場ホームページのブライダルフェアページであればGoogle Analyticsなどの解析ツールを導入すれば細かく結果の分析をすることができますので、未実装の場合は今すぐ導入したほうがいいでしょう。GAであれば無料ですし、設定しておいて損はないので会社のシステム部の人に相談してみてください。

一方、ウェブ媒体上のユーザーの動きは自社では把握できませんので、ゼクシィから毎月もらえるレポートで「S」を取れるまで改善を繰り返していきましょう。

 

まとめ

ブライダルフェアからの集客力を最大化させるために必要なポイントをまとめると以下の通りです。

  • 基本構成は、訴求軸ごとにフェアを用意し、最も集客力の高いフェアを代表フェアに設定する
  • 設定数は、多くて1日4個までにする
  • 時間帯は、土日祝日は3枠(9時、13時、17時)、平日は2枠(午前~午後の可変枠、17時~18時開始の夜枠)
  • フェアタイトルは、できること、メリット、相対評価や限定表記を、できるだけ平易な言葉で見やすく組む
  • 詳細内容は、手を抜かずに丁寧に書く

今回紹介した内容は無料で明日からできるので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

おわり

無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」配信中!

メールマガジン「ブライダル業界の”裏”知恵袋」では、毎回1つのテーマやトピックについてブログでは書けない内容をより深く・本音でお送りしています。

メルマガの講読は完全無料で、毎週配信しております。

  • 新しい角度からブライダル業界について見てみたい
  • ブライダル業界について深く学びたい
  • アナロジーにについて知りたい

などの方は、ぜひご購読ください。

 


無料メルマガ「ブライダル業界の"裏"知恵袋」の登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*