ブライダル業界に転職するときの魅力的な自己PRの書き方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブライダル業界に転職するときの魅力的な自己PR

転職活動を進めていく上で、自分の強みや経験、スキルを応募先の企業にしっかりとアピールできるかどうかは、採用されるかどうかの判断においてとても重要な要素です。最大限の効果を発揮できるよう、しっかりと準備したうえで面接等に臨む必要があります。そこで、今回の記事ではブライダル業界に転職するときの自己PRのポイントや書き方についてまとめました。これから転職活動を始める方も、今進んでいる方も、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

転職活動で自己PRは重要か?

自己PRとは?

自己PRは、応募先の企業に自分をアピールできる絶好の場なので、これまでの経験で「何をやってきたか」、「今の自分で何ができるのか」、「これからどのように会社に貢献していきたいか」、この3つのポイントをしっかり盛り込んで伝えることが必要です。当然ながら、ありきたりの内容では「あなたでなければいけない理由」が伝わらないので、十分なアピールにつながりません。

特に中途社員の転職活動は新卒の就活とは異なり 、応募企業の職務に関連した強みをアピールすることの重要度がより高くなります。そのため、応募する企業が「どんな人材を求めてるのか」「どんな業務を想定しているのか」を事前にきちんと把握し、応募する企業ごとに自己PRを作成していくことが必要です。

とはいえ、自分をPRしなければいけないとなっても、いきなり上手にプレゼンテーションできる人はいないでしょう。もし定期的に自分のキャリアを棚卸している人であれば可能かもしれませんが、転職活動に慣れている人などほとんどいないでしょうから、次に簡単にポイントをまとめます。

自己PRを書くときのポイント

これまでのキャリアを整理する

  • これまでの職務経験で担当してきた業務
  • 与えられたミッションや残してきた成果、実績
  • 結果を導くプロセスで自分なりに工夫したこと
  • これらの業務経験を通じて身に着けたこと

まず、自分はどんな人なのかを自分で把握するために、これまでのキャリアを詳細かつ具体的に書き出してみましょう。就活時の自己分析に近いですが、社会人として仕事を経験している文、その仕事を通じて、自分がどのように成長してきたのか、どんな貢献ができたかをより具体的に整理することが必要です。

応募先の企業(の求人)が求める役割や人物像を理解する

  • なぜこの職種の人材を募集するのかの背景
  • 企業が想定している具体的な職務内容
  • 求める人物像
  • 応募に必要なスキル・経験

自分をアピールするにしても、そのアピールが相手の希望とマッチしていなければ何の意味もありません。のどがカラカラの人にバームクーヘンをあげてもいらないって言われるようなものです。そのため、自分の経験の可視化と並行して企業のことも調べることが必要です。これらの情報は転職サイトや転職エージェントの求人票(または求人情報)に記載されているので、気になる求人を見つけたらじっくり読みこんでみましょう。

アピールする言葉や文章はシンプルに短く伝える

書類選考や面接における自己PRは、企業の求めるスキルや経験に合致する部分を中心に具体的かつ簡潔にアピールしましょう。書類は文章が長くなると読まれにくくこれまでのなりますし、面接でもダラダラと話を続けられると面接官もだんだん聞いてくれなくなってきます。経験や得意分野、趣味や個性を把握し、キラリと光る自己PRを作成しましょう。

応募する企業ごとに自己PRを考える

自己PRは応募する企業ごとに変えるべきです、理由は企業ごとに求める人物像が異なるからです。あなた自身のパーソナリティは変わらないですが、企業側が何を求めているかによって、言い回しや経験の強弱はマッチさせていった方がいいでしょう。

 

一般的なブライダル業界の選考フローにおける自己PRの適切な伝え方

ブライダル業界に転職をする際の選考フローは会社の規模や職種によって異なるものの、一般的には以下のような流れになることが多いです。

  1. 書類選考
  2. 担当者面接
  3. 責任者面接
  4. 役員面接
  5. オファー面談

面接回数や実施する回数や順番は会社ごとに一番特徴が出るところでしょう。最初に役員と面接した後に担当者と面接をするなど順番が前後することもあれば、いきなり社長と最終となるケースもありますので、もし応募する際は求人票の情報をよく確認してから準備して応募しましょう。また、例えばウエディングプランナーとしての応募であれば、それぞれの面接担当者は以下のような役職者をイメージしておくといいでしょう。

  • 担当者面接:式場のマネージャーやリーダー
  • 責任者面接:支配人
  • 役員面接:社長、取締役、執行役員など

面接時によく聞かれる項目

何次面接かによって、聞かれる深さや内容は多少異なりますが、多くの場合は以下のような項目が聞かれます。

  • 自己紹介とこれまでの職歴・実績
  • 転職理由
  • 志望動機
  • 将来的なキャリアパス
  • 自分の強み、弱み
  • 入社したらやりたいこと
  • 年収などその他希望条件

あれ?自己PR、という項目がないですね。

実は面接の中であらたまって「では、自己PRをしてください」と問われることはほとんどありません(もちろん会社によってはあるかもしれませんが…)。自己紹介やこれまでの職歴についての説明、志望動機、将来的なキャリアパスなどを話す中で、随所に「自分はこんなことができるから御社に貢献できますよ」というアピールを混ぜん込んでいくのです。そのため、先ほどのポイントで挙げたような自分のスキルと応募企業のニーズを把握したら、どのような設問でどのように話していくのかを考えることが必要になります。

 

書類選考や面接でアピールできる具体的なポイント

では最後に、ブライダル業界に転職する際にアピールできるポイントの具体例をいくつか挙げますので、これから転職を検討されている方にとって参考になればと思います。

ブライダル業界での実務経験

どこの会社でどのくらいの期間ウエディングに携わってきたのか、どのような職種、役職で仕事をしてきたのか、営業であれば成約率や組単価などどの程度の成果を上げてきたのかなどがオーソドックスなアピールポイントになります。なお、これまでの実績をアピールする際には、○組の成約や○%の成約率、単価アップといったような具体的かつ客観的な数値を盛り込むといいでしょう。

また、一言にブライダルと言っても地域や会場タイプ、所属していた会場の平均単価や披露宴スタイル(挙式披露宴がメイン、1.5次会や会費制結婚式がメイン、など)によって、プランニングスタイルや業務範囲も大きく変わってくるので、そのあたりも併せて伝えるようにしましょう。

BtoCの接客経験

ブライダル業界未経験者がブライダル業界へ転職する場合は、過去の経験や培ってきたスキルをブライダル業界でどう活かしていけるのか、という視点で自己PRを作り込んでいきます。異業種での経験であれば、保険や不動産、人材紹介、高級家具など、法人ではなく個人に対してモノやサービスを売る営業をしていた経験などは、ブライダル営業とかなり近い経験として話していいと思います。

ブライダル業界の商材である結婚式は「人生においてリピートがなく高額な商材」というかなり特殊な側面があるので、そういったものをどのようにお客様に伝えていくことが必要で、それに近いことをこれまでどのように経験してきたのか、と話せるといいでしょう。

BtoBの営業やカスタマーサポートの経験

ブライダル業界のなかでも打合せプランナーの仕事は、式を挙げる前に何度も同じお客様と打ち合わせを行います。法人営業であれば初めて会っていきなり契約締結となるケースは多くないですから、取引先やクライアントとコミュニケーションを頻繁に取りつつ案件を進めていく、と言う経験は活かせると思います。また、営業ではなくても契約締結後の運用サポートや一定期間のプロジェクトスタイルの案件を多く経験してきている方も、そのノウハウを活かせると言って問題ないと思います。

正しい礼儀作法やマナー

面接で直接的に話す内容ではないですが、結婚式はかなりフォーマルな場なのでブライダル業界で働く人には、マナーや礼儀に関してはほかの業種よりも厳しく求められます。もし接客業の経験を持っている人であれば、このようなマナーや礼儀は一通り身についていることをアピールできれば、面接官の心証も良くなるでしょう。ただし、同じ接客業でもアパレルや飲食のそれとは違いますので、そこは明確に意識しておく必要があります。

その他の注意点

熱意ややる気、憧れと言ったものも不要ではないですが、中途採用の場合は新卒採用とは異なり即戦力としての期待が少なからずあるので、それだけで選考を突破できるほど甘くはないと思っておいた方がいいでしょう。「結婚式が大好きなのでどうしてもブライダル業界で働きたいんです!!!!!」といった熱量があっても、完全未経験でマナーもなっていない、とかだとやはり厳しいですね。検討されるとしてもギリギリ第二新卒の世代までくらいではないでしょうか。

 

まとめ

ブライダル業界に転職するときの自己PRについて、概要とポイントをまとめました。自己PRだけを切り出して考える、と言うよりは、自分がしてきたこと・できることと、企業側が求めることを、どうすり合わせてわかりやすく伝えられるか、というのが重要なので、一つ一つについてじっくり考えてみるきっかけになればと思います。

 

おわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界専門の転職支援サービス

当社が運営するブライダル業界専門の転職支援サービスです(完全無料でご利用可能)。

CTA_人材紹介リンク

【紹介可能企業例】

ワタベウェディング株式会社/株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ/株式会社メイション(スマ婚)/株式会社アルカンシエル/株式会社星野リゾート/株式会社リクルートゼクシィなび/株式会社エイチームブライズ(ハナユメ)、など。他にも非公開求人含めて多くのご紹介可能な企業がございます。

【紹介可能職種例】

ウェディングプランナー/ドレスコーディネーター/企画営業/マーケティング/ウェディングアドバイザー(カウンター接客業務)/新商品企画開発/インフォメーションデスク/サービススタッフ、など。他にも多くのご紹介可能求人がございます。

【キャリアアドバイザー経歴例】

元結婚式場支配人、平均成約率70%超えの元新規プランナー、キャリアアドバイザー歴6年の転職支援スペシャリストなど、ブライダル業界と転職エージェント業に精通したスタッフが転職支援を行います。

 


無料転職相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*