更新日 2018年11月04日

ブライダル媒体からの集客攻略方法まとめ【結婚式場の集客担当者向け】

ブライダル媒体から集客攻略まとめ

結婚式場の集客の大部分はゼクシィやみんなのウェディング、ウエディングパークなどのブライダル特化型の媒体経由です。最近ではSNSを活用してFacebookやInstagramをきっかけに来館を獲得している会場も増えてきていますが、総数に占める割合で言えば8割以上はブライダル媒体経由での来館獲得となっている会場が多いのではないでしょうか。直近のトレンドと今後の予測で言えば新たな集客経路の開拓は必須の事業課題であるとはいえるものの、それと同じくらいの熱量でブライダル媒体からの集客最適化も進めていかなければ新施策が花開くまで業績が持たない、というのが実情でしょう。そこで、今回の記事ではブライダル媒体からの集客攻略方法をまとめました。直近での集客に困っている会場やこれから新企画を実行する前に足元の集客を固めたたい会場の集客責任者の方などの参考になればと思います。

ブライダル媒体とは

今回の記事における「ブライダル媒体」とは、結婚式場を紹介するメディアで固定/成果報酬問わず結婚式場から広告宣伝費をもらって運営されている媒体のことを指します。
ブライダル媒体とは
また情報提供形態は雑誌、インターネット、カウンターは問わずで紹介します。日本国内の結婚式場を紹介しているブライダル媒体はたくさんありますが、有名な媒体としては以下のようなラインナップとなります。

  • ゼクシィ
  • ゼクシィネット
  • ゼクシィなび
  • みんなのウェディング
  • ウエディングパーク
  • マイナビウエディング
  • ハナユメ
  • 楽天ウェディング
  • ぐるなびウエディング
  • レイウエディング(関西)
  • 東京ウエディングコレクション(東京)
  • その他

今回の記事では、この中で全国規模で多くの会場が出稿している(集客見直しに役立つと思う)媒体について、それぞれの集客方法の攻略をまとめます。
 

ゼクシィからの集客攻略

言わずと知れたブライダル業界最強の媒体です。ある調査では一般ユーザーの認知率は90%ほどともいわれており、結婚式をすることが決まったらまず想起されるのがゼクシィといっても過言ではないでしょう。
ゼクシィは月刊誌なので、地域にもよりますがだいたい毎月22日前後に新刊が発売されます。結婚式場は1ページ当たりの出稿料を支払って会場の広告を掲載し、その広告を見たユーザーが会場へ問合せをする、という流れです。
ゼクシィからの集客を最大化するためのポイントには以下のような点が挙げられます。

  • 出稿するページ数を集客目標や競合会場トレンドに合わせて最適化する
  • ページ構成のPDCAを繰り返し、会場の強みとユーザーニーズが合致する構成を見つける
  • 掲載見積りの金額を最適化する
  • 掲載するプランの内容を最適化する
  • アクセスマップの表記方法を一工夫して商圏の最大化を目指す

詳細は以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。

ゼクシィからの集客を徹底攻略!【結婚式場の集客担当者向け】


 

ゼクシィネットからの集客攻略

ゼクシィのウェブサイトで、ゼクシィと検索すると最上位に出てきます。同じくユーザー認知度は抜群で、多くの会場が掲載されています。
ゼクシィネットに会場を掲載するには、ゼクシィ(雑誌)に出稿するものとは別に費用が掛かります。にもかかわらず会場一覧ページの掲載順位はある程度雑誌の出稿ボリュームに比例しているので、上位表示されるためにはそれなりの広告宣伝費が必要になります。ただ、利用しているユーザー数が圧倒的に多いため、多くの来館を獲得できる最強媒体でもあるので、費用対効果を見ながら雑誌とネットを合わせた出稿ボリュームを検討していくことになるでしょう。
ゼクシィネットからの集客を最大化するためのポイントには以下のような点が挙げられます。

  • 会場一覧ページ内の自社の掲載位置を上げ、クリック率が最も高い写真を設定する
  • フォトギャラリーやプランなどの掲載情報を充実させ、自社ページ内の回遊率を高める
  • ブライダルフェアを最適化し、来館予約完了率を高める
  • 雑誌と違って細かな数値データを取得できるので、上記の施策を効果が出るまでPDCAを回す

詳細は以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。

ゼクシィネットからの集客を徹底攻略!【結婚式場の集客担当者向け】


 

みんなのウェディングからの集客攻略

結婚式場の口コミサイトで、媒体別の集客力で言えば2番手グループの媒体です。ユーザー投稿型のCGMのためサイト内のコンテンツボリュームが非常に多く、SEOが非常に強いことが特徴です。
みんなのウェディングには有料出稿と無料掲載がありますが(無料でも掲載しているのは媒体のSEO対策が理由だと思います)、実質的に有料出稿でないと上位表示されないですし掲載コンテンツも乏しいので、集客媒体として活用するには一定の金額を毎月支払い出稿することが必要です。
みんなのウェディングからの集客を最大化するためのポイントには以下のような点が挙げられます。

  • 会場一覧ページ内の自社の掲載位置を上げるために、良質な口コミを数多く集める
  • 一覧ページ内での自社会場のクリック率を高めるための写真選定検証を繰り返す
  • フォトギャラリーやプランなどの掲載情報を充実させ、自社ページ内の回遊率を高める
  • ブライダルフェアを最適化し、来館予約完了率を高める

詳細は以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。

みんなのウエディングからの集客を徹底攻略!【結婚式場の集客担当者向け】


 

ウエディングパークからの集客攻略

みんなのウェディングと同じく結婚式場の口コミサイトで、結婚式場の公式HPへのリンクがメイン導線となっていることが特徴の媒体です。ページ構成の最適化や静的コンテンツを大量に掲載している点などSEO対策がしっかり施されている印象で、指名以外のオーガニックからの流入が非常に強い媒体だと思います。実際、媒体の集客力という点では2番手グループだと言えるでしょう。
ウエディングパークも同じく有料掲載と無料掲載があり、有料掲載してサイト内で上位表示されることが必要です。また、出稿に対する正確な費用対効果を図るためには、ウエディングパーク→会場公式ホームページ→来館予約(または資料請求)、この導線でのコンバージョンも正しく計測することも重要でしょう。
ウエディングパークからの集客を最大化するためのポイントには以下のような点が挙げられます。

  • 会場一覧ページ内の自社の掲載位置を上げるために、良質な口コミを数多く集める
  • 一覧ページ内での自社会場のクリック率を高めるための写真選定検証を繰り返す
  • フォトギャラリーやプランなどの掲載情報を充実させ、自社ページ内の回遊率を高める
  • ブライダルフェアを最適化し、来館予約完了率を高める

媒体特性上みんなのウェディングと似ていますが、詳細は以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。

ウエディングパークからの集客を徹底攻略【結婚式場の集客担当者向け】


 

マイナビウエディングからの集客攻略

ゼクシィやみんなのウェディング、ウエディングパークと比べると後発の媒体ですが、最近では東海圏や九州(福岡)、さらに東北(宮城)での情報掲載を開始しており、取り扱い会場数は順調に伸ばしてきている媒体です。
マイナビウエディングの特徴としては、以下のような点があります(個人的意見含む)

  • 集客導線には、ウェブサイトからの誘導とウエディングサロンからの送客の2つがある
  • ウェブサイトはSEOを意識してテキスト量を増やしているが、その分UIを損なっていてCVR落としていそうに見える
  • サロンの接客スタッフのプランナー経験者比率が高い

これらのポイントを踏まえ、集客を伸ばしていこうとするなら、

  • ウェブ媒体として有効活用すること
  • エージェント機能の有効活用の2つを実施してくこと

これらが必要です。詳細は以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。

マイナビウェディングからの集客を徹底攻略【結婚式場の集客担当者向け】


 

ハナユメからの集客攻略

もともとは直近を希望するユーザー向けの結婚式場紹介サービス「すぐ婚navi」として立ち上がり、数年前にサービス名を変更して今のハナユメとなりました。ほかの媒体と比べると新興勢力で掲載会場数はまだ1,000会場にも満たないですが、直近2年ほど急成長してきている媒体です。
ここ1~2年で掲載料や送客報酬単価がかなり高騰してきているので費用対効果の面で優秀な媒体とは言いにくい状況となってきていますが、絶対数が足りていない会場にとっては集客力はかなり期待できると思います。また、すぐ婚navi時代も含めてどちらかと言えば価格訴求の強い媒体なのでその点で敬遠している会場も多いですが、媒体としての集客力はイメージキャラクターにローラを起用したあたりからかなり強くなってきているので(斎藤工を起用したときはほとんど変わらなかった…)、もしそのような理由で掲載を見送っているのであればその見方は改めたほうがいいと思います。
ハナユメの集客導線にもマイナビウエディング同様にウェブサイトからの来館予約と相談デスクからの送客の2つがあるので、集客を伸ばしていこうとするならウェブ媒体として有効活用することと、エージェント機能の有効活用の2つを実施してくことが必要です。詳細は以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。

ハナユメからの集客を徹底攻略【結婚式場の集客担当者向け】


 

エージェントからの集客攻略

個別の媒体ではないですが、エージェントからの送客についてのポイント記事も紹介します。規模の大小を問わなければ全国に非常に多くのエージェントがあるので、ここをきっちり抑えられれば集客の底上げが可能です。
エージェントからの集客攻略の詳細は以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。

【ブライダル】エージェント(カウンター)からの集客を最大化するためのポイント


 

まとめ

ブライダル媒体からの集客ポイントまとめ
今回の記事では代表的な5つの媒体についてまとめましたが、新興勢力となりうる媒体やサービスもどんどんできてきていますし、今後集客手法はより多様になってくると思いますので、そのキャッチアップと活用も行いつつ、これらのブライダル媒体の活用もおろそかにせず足元固めと新規経路開発を並行して進められるように戦略を構築していくといいでしょう。
 
おわり

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事