ブライダル業界の年収ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブライダル業界の年収ランキング

人生で一番の幸せが溢れる瞬間に向けてお手伝いをするのがブライダル業界の仕事、ブライダル業界の仕事は特に女性からの人気が高く、今も新卒・中途問わず人気の高い業界です。でも、ブライダル業界の仕事と一言っても実は職種は様々で、会社から与えられる役割や企業規模など、同じブライダル業界でも働き先によって、その働き方は実に多様であると言えます。そこで今回の記事では、ブライダル業界の仕事内容や職種などの基本的な知識から、気になる年収までを紹介します。

ブライダル業界とは

ブライダル業界とは、式場の運営や挙式サービスを手掛けるブライダル業に携わる業界です。その市場規模は安定してはいるものの、日本国内の婚姻件数は人口減少や高齢化、結婚式を挙げない「なし婚」の増加によって少なくなってきており、徐々に縮小傾向にあります。ただ、近年のハウスウエディングブームや晩婚化の影響を背景に、1組当たりの結婚式単価は上昇しており、また大手を中心に業績を伸ばしている会社や伸び盛りの新規参入企業もあるので、以前と比べると勝ち組の会社とジリ貧の会社がはっきりとしてきています。

 

ブライダル業界の仕事内容

結婚式には様々なスタッフが関わっており、ブライダル業界の仕事内容は職種ごとに分かれています。ブライダル業界といえばウエディングプランナーというイメージを持つ方が多いですが、それ以外にも多くの職種があるのでもしブライダル業界での仕事を志望しているのであれば、まずはどんな仕事があるのか知っておくことが必要でしょう。

ブライダル業界の職種

ウエディングプランナー

新郎新婦の希望や予算に合わせ、挙式や披露宴の段取りを細かく決めていき、関連部署への連携も行います。新郎新婦やそのご家族と予算や要望を伺い、新郎新婦と何度も打ち合わせを重ね、挙式・披露宴のプランを決定します。プランや日程が決定したら、会場、衣装、料理、フラワー、招待状、引出物など、挙式・披露宴に必要なものを手配します。当日は、関連部署への連携や打ち合わせを行い、万全の状態で新郎新婦をお迎えします。ブライダルコーディネーター、ブライダルプロデューサーとも呼ばれます。

バンケットサービス

挙式・披露宴当日の準備からサービス・片付けまで全てを行います。大人数のパーティで列席者全員に同じタイミングでお料理をお出しする為、細かな気配りとチームワークが重要です。また、お客様の誘導もバンケットサービスの重要な役割です。当日、会場内の移動がスムーズに進むよう、事前にスタッフ間での確認が必要になります。全体の状況を把握して指示を出す人がバンケットキャプテンです。会場によってはバンケットキャプテンが、当日一日を通して新郎新婦に付き添うこともあります。それと同時に全体を見渡し、指示を出すため、広い視野と洞察力が求められます。ホテルなどでは宴会部門に属していることもあるので、宴会サービスと呼ばれることもあります。

ドレスコーディネーター

和装か洋装か、スタイルに合わせて挙式・披露宴の衣装計画を練り上げていく仕事です。新婦にとってウエディングドレスを選ぶのは一大事です。もちろん新郎も同様に、どのような衣装を選ぶかによって、新郎新婦の輝き方が変わります。ドレスコーディネーターは衣装だけでなく、ヘアスタイル、メイク、アクセサリーを含め、トータルコーディネートしていきます。数多くの衣装の中から、新郎新婦にご満足いただけるコーディネートを作るには、ファッションセンスだけでなく、要望を汲み取ることも重要になります。ドレスコーディネーターは、コスチュームコーディネーター、ドレススタイリストなどとも呼ばれます。

介添人

新郎新婦が会場についてから、披露宴・挙式を終え、無事に玄関を出るまで、目立たぬよう見守り、付き添う仕事です。新郎新婦は当日緊張から打ち合わせの内容を忘れてしまうこともしばしば。そこで、挙式・披露宴が円滑に進むように介添人がしっかりとサポートします。また、新郎新婦だけでなく、両家の親族をサポートする介添人も必要です。控室へのご案内、桜湯のおもてなし、記念写真撮影の場所へのご案内、会場へのご案内など、これらすべてを時間通りに行います。挙式・披露宴の最中は予期せぬハプニングが起こることも珍しくないので、臨機応変に対応できる冷静さが必要です。介添人はアテンダーやアテンドとも呼ばれます。

テーブルコーディネーター

披露宴の料理を美味しく召し上がっていただくには演出も大切です。同じ料理でも、食器やテーブルクロスが違うだけで大きく印象が変わります。テーブルウェアや小物を選び、セッティングのプランを立て、実行することがテーブルコーディネーターの仕事です。セッティングには、食事の印象を決めるクロス類、料理を引き立てるテーブルウェア、披露宴を盛り立てる小物類など、これらの要素を組み合わせ最高の空間を作り出します。センスだけでできる仕事ではなく、様々な専門的知識が必要になります。

フラワーコーディネーター

会場に飾る花のアレンジや新郎新婦のブーケ・ブートニア作りなどブライダル施設の花に関わる仕事です。会場にはあらゆる場所に花が飾られています。また、新郎のブートニアや新婦のブーケなど、花は主役を彩る重要なアクセントにもなる為、華やかな場を作る効果的な演出がフラワーコーディネーターの腕の見せ所です。ホテルウエディングの場合、ホテル内のフラワーショップに努めるフラワーコーディネーターが担当します。フラワーデザイナー、フラワーアーティストとも呼ばれています。

ヘアメイクアーティスト

挙式・披露宴当日、新婦のヘアとメイクを担当します。人生最大の晴れ舞台。女性の美しくなりたいという願いを最大限に叶えるのが仕事です。ウエディングという特殊な環境での仕事となる為、和装への対応も必要になります。その他にも、挙式、披露宴、お色直し、写真撮影など、それぞれの場面にふさわしいヘアメイクにしなければならないという特徴があります。ヘアメイクアップアーティスト、へメイクスタイリストとも呼ばれます。

ブライダルエステティシャン

結婚式当日に新婦が最高に輝く準備を担当するのがブライダルエステティシャンです。結婚式直前まで準備に時間をとられ、意外に疲れていることも。晴れの日の体調やお肌を万全にしておく為にブライダルエステであり、挙式・披露宴の日取りが決定したら、そこから逆算して通い始める方が多いようです。多くのエステサロンでは、ブライダル用のコースが用意されていることがほとんどです。ホテルの場合はホテル内のエステサロンに来店するケースや、プランの中にブライダルエステが含まれていることもあります。

司会者

披露宴の進行を担う仕事です。個性的な披露宴が増えてきた今、打ち合わせを重ねても予期せぬトラブルが発生する場合もあります。そんな時にも進行の流れを止めないために、司会者は場の修正を行います。上手く場をまとめて、トラブルを感じさせない進行が司会者の腕の見せ所です。また、当日は他の役割のスタッフとの連携も必要です。周囲に気を配り、雰囲気の変化や小さなアクシデントにも臨機応変に対応する冷静さが求められます。

音響・照明

挙式・披露宴の演出に欠かせない、音響照明を担当する仕事です。個性的な挙式・披露宴が増えてきたことで、演出にも高いクオリティが求められるようになりました。当日に機器を操作する仕事と、演出プランをまとめるという仕事がありますが、そのどちらもをたんとするケースもあります。音響・照明の技術はもちろんですが、当日、他のスタッフと関わる為、高いコミュニケーション能力と、全体の状況に応じて臨機応変に対応する冷静さが求められます。

 

ブライダル業界の年収

ここまで紹介した職種があるブライダル業界ですが、続いて気になる年収についてまとめます。

ブライダル業界の平均年収

ブライダルといっても様々な職種や働き先が増えてきたことで、その平均年収はどこで働くかによって変わってきます。例えば、ホテルで勤務するブライダル関係者の場合、そのホテルの給与水準をベースに給与が決定するため、平均年収で見ると300~400万円が相場となるでしょう。また、専業のブライダル会社に勤務する場合も同様、平均年収は300~400万円と言われているので、ホテル勤務と大きくは変わりません。ただ、これらの年収は現場のスタッフとして働く場合の年収であり、大手企業で式場のリーダーやマネージャ、支配人といった役職に就くことができれば待遇もアップする可能性が高いでしょう。その場合の平均年収は450~500万になると思います。

他の業種との比較

ブライダル業界の平均年収は489万円と言われていますが、これは平均なので中央値では先ほど書いたように300万円~400万円の幅が最も多いと思います。同じように有効求人倍率の高いアパレル業界は平均491万円とほぼ同じくらいの平均年収になので、総じて高くもなく低くもなく、という水準だと思います。ただし、先ほども書いたように会社や役職によって年収に大きな差がでるため、自分が働く会社の給与条件や雇用形態がどうなっているか、が重要だと言えるでしょう。

 

ブライダル企業の年収ランキング

1位 725万円 AOKIホールディングス(アニヴェルセル運営会社)
2位 673万円 千趣会
3位 568万円 アイエーグループ(アルカンシエル運営会社)
4位 523万円 ツカダ・グローバルホールディングス(ベストブライダル)
5位 456万円 ワタベウェディング

AOKIホールディングスはスーツの販売でこの企業は小売業がメインなので、運営しているアニヴェルセル単体で考えると、もう少し平均年収は下がるかもしれません。2位は673万円の「千趣会」です。こちらはベルメゾンなど通販に強い小売業でブライダル関連事業では引出物の取り扱いが多いです。3位は568万円の「アイエーグループ」です。こちらもAOKI同様、小売業がメインなので、運営しているアルカンシエル単体で見るともう少し年収は下がるかもしれません。4位は523万円の「ツカダ・グローバルホールディングス」です。ベストブライダルが主力事業なので、こちらで紹介している平均年収はホールディングスのものですが、ほぼこの通りだと思います。5位は456万円の「ワタベウェディング」です。リゾ婚のリーディングカンパニーであり社歴も長い会社です。

以上が上位ランキングですが、実際に転職を検討している場合は、公開データだけではなく、求人票の内容もよく読み確認することが必要です。ただ、忙しい中で自分で情報を正確に読み取り、まとめるのはかなり大変なので正社員での転職を希望する場合は「転職エージェントを使うことがオススメです。

ウェディングプランナーの転職を希望するならオススメの転職エージェント

ウェディングプランナーへの転職を希望する場合(特に異業種から)、業界特有の知識や慣例、業務や文化などをしっかり把握して転職活動を進めないと、なかなかうまくいかないことが多いです。ここまでの記事でも書いたように、ブライダル業界の中にも様々な職種がありますし、会社規模によって仕事のスタイル、システム環境など業務に直接的にかかわる部分で差があるためです。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントの活用です。転職エージェントとは、転職希望者がサイトから登録をすると転職の相談に乗ってくれて(しかも無料)、エージェントが保有している企業の求人を紹介してくれたり、面接のセッティング、給与の交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスです。ブライダル業界で言えば、ゼクシィなびなどの結婚式場紹介カウンターのサービスの転職版と言えばイメージしやすいかもしれません。

転職エージェントを利用するメリットには、

  1. カウンセラーが担当についてくれるので、自分の経験やスキル、これからのキャリアについて客観的なアドバイスがもらえる
  2. その転職エージェントだけが保有する非公開求人も紹介してくれる
  3. 面接時に推薦状を書いてくれるので、面接官に第三者目線でプッシュしてくれる
  4. サービスは無料で受けることができるので、金銭的な負担がない

といった点があります。客観的な第三者からのアドバイスを受けられる機会は貴重ですし、ウェディングプランナーは多忙なので必要なサポートをすべて行ってくれるのは非常にありがたいと思います。ちなみに、転職エージェントのサービスがすべて無料の理由は、採用する企業側が採用時に紹介料を支払うというモデルでなりたっているためなので、無料なのでサービスレベルが低いとか、ブラック企業の求人を押し売りされるとかといったことではないのでご安心ください。

この記事の最後に、ウェディングプランナーの転職にオススメの転職エージェントを3つご紹介します。

 

DODA

総合転職エージェントDODA

DODAはパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する業界最大手の転職エージェントです。ブライダル業界の内外を問わず圧倒的に大量の求人を保有していること、担当者のレベルも一様に高く、業界内の転職でも異業種への転職でもどちらにもオススメです。

【ウェディングプランナーの転職にDODAを使うメリット】

  1. 転職希望者のキャリアを客観的に整理し、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがこれまでのキャリア、スキルを総合的に判断し、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理してくれます。
  2. 客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイスしてくれます。合致する理想のキャリアを目指し、転職希望者の希望と現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探ります。その過程で、もともとは思いもよらなかった業種や違う職種に出会うことも少なくありません。
  3. 応募書類の書き方指導や面接対策も万全なので、書類選考で損をすることもありません。人事担当者をひきつけるような履歴書・職務経歴書を書くための、プロのアドバイスを受けることができます。また、面接に不安を感じる方のために、事前にできる限り詳しい面接情報も提供してくれますし、模擬面接や、終了後のフィードバックなども行ってくれます。本来の自分を最大にアピールするためのノウハウが惜しみなく教えてくれます。
  4. 求人票だけではわからない、社風や先輩の情報も提供してくれるので、求人情報にはない業界の動向や、社風や現場の雰囲気、企業の方向性、成長性といった「生」の情報まで、幅広く知ることができます。

登録はこちらのバナーをクリックし、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押し、必要事項を入力しましょう。約5分程度で簡単です。


パソナキャリア

 

パソナキャリア

人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営している、16,000社以上と取引実績のある大手の総合転職エージェントです。特に女性の転職や初めての転職を強みとしているので、転職を検討している若手ウェディングプランナーの方にオススメです。

【ウェディングプランナーの転職にパソナキャリアをオススメする理由】

  • 業界・職種別のチーム体制を取っているので、専任のキャリアアドバイザーがそれぞれの経験に沿ったアドバイスをしてくれまる。
  • 営業日が平日はもちろん、土曜日の日中だけでなく夜間も面談可能なので、現職の方でも相談を受けやすい。
  • キャリアアドバイザーのサポートが親身で丁寧なので、スキルや経験だけの単なるマッチングではなく、志向性や社風との親和性も含めてマッチした転職先を提案してくれる。実際、手厚いフォローや親身なサポートの評価は高く、顧客満足度の高さの各種ランキングにもランクインしている。
  • 30,000件以上の業界トップクラスの豊富な求人を保有しており、未経験で応募できるポテンシャル求人から、リーダー・マネージャークラス~部長・事業責任者クラスまで幅広いニーズに対応可能。また、取引企業もベンチャーから大企業まで多岐にわたるので、転職希望者の志向にあわせて紹介してくれる。
  • はじめての転職の場合は、はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしてくれる上に、面談の際に転職活動のノウハウがつまったガイドブックをプレゼントしてくれる。
  • 女性の転職が強い。パソナグループは創業40周年を迎える大手転職エージェントで、創業時から女性の就労支援をおこなってきたノウハウが豊富。志向によって、長期的に活躍していきたい方、専門スキルを伸ばしたい方、管理職に挑戦したい方など、目指したい働き方を実現できるキャリアパスを提案してくれる。

登録はこちらのバナーをクリックし、「[無料]転職サポートに登録」ボタンを押し、必要事項を入力しましょう。約5分程度で簡単です。

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

株式会社マイナビが運営する人材紹介サービス「マイナビエージェント」。転職サイトやも手掛けるマイナビの人材紹介サービスで、業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられる点が人気。幅広い業界・職種のビジネスパーソンに支持されています。

【ウェディングプランナーの転職にマイナビエージェントをオススメする理由】

  • 関東エリアの求人を網羅しており、東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富。関東圏で働きたい方に特にオススメ。
  • 20~30代に転職サポートに特に強く、募集企業の人事&採用担当と太いパイプを持っている。
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートをしてくれる。特に20代だと初めての転職でわからないことも多いので、サポートによる安心感は必須と言ってもいいでしょう。

登録はこちらをクリックしサイト遷移後、「[無料]マイナビエージェントに登録」ボタンを押し、フォームを入力しましょう。約3分程度で簡単です。

マイナビエージェントにこちらから登録

 

まとめ

今回はブライダル業界に転職活動前の予備知識と平均年収相場についてまとめました。ウェディングプランナーをはじめブライダル業界の仕事はイメージは華やかですが実は事務処理も多く大変な仕事です。非常にやりがいを持って取り組める素敵な仕事です。これから目指す方も業界内での転職を考えている方も、今回の記事をぜひ参考にしていただき、自分に合った素敵な職場を見つけてくださいね。

 

今回の記事作成に使ったデータソース

おわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル業界のお役立ち資料集 無料ダウンロード

ブライダル業界で働く方にとって役に立つ資料を公開しています。無料ダウンロードできます。

 ●ブライダル媒体からの集客攻略法

 ●SEO施策の概要とブライダル業界のメディア事例集

 ●ブライダルビジネスの業績管理の方法(勉強用資料)

 ●ブライダルビジネスの基礎(勉強用資料)

 ●ブライダルサービス全25種のビジネスモデル図解集

 ●結婚式場の予算フォーマット(エクセル)

など、今後も随時追加予定です。業界知識の習得や新規事業の企画などにぜひご活用ください。


ブライダル業界のお役立ち資料集を無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*