【EFO】結婚式場ホームページのフォームを最適化する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
結婚式場ホームページのEFO対策のポイント

結婚式場集客において、媒体運用と同じくらい重要なのがホームページからの集客です。一言にホームページ集客と言っても運用型広告の施策やSEO対策、LPの制作など施策は様々ですが、意外と見落とされがちなのが「フォームの改善」です。流入施策にはみなさん興味があるのですが、どんなにたくさんの人にサイトに来てもらっても最終的にコンバージョンしてもらえなければ集客上は意味がありません。そこで、今回の記事では結婚式場ホームページのEFO対策について、概要と見直すべきポイント、改善方法をまとめました。結婚式場支配人や集客担当者、IT担当者にとって参考になればと思います。

EFOとは?

EFOとは、Entry Form Optimizationの頭文字をとったもので、ウェブサイトやホームページの入力フォームを最適化する施策のことを指します。入力フォームとは、サイト上でユーザーがアクション(結婚式場ホームページであれば来館予約やブライダルフェア予約、資料請求など、ECサイトであれば購入など)を起こすためのページであり、結婚式場のホームページに限らずフォームまで到達しても約80%以上のユーザーはコンバージョンに至らず離脱していると言われています。

結婚式場ホームページのEFOとは?

入力フォームからの離脱率を改善することは、集客(広告)の最適化やSEO、LPOなどの他施策と同じくらい、集客効率の最適化、申込み獲得数の拡大に大きなインパクトがあります。たとえば、フォーム到達からコンバージョンに至るまでの割合が1%から2%に改善すると、CPAは半分になりますので、これは流入数を2倍にするのと同じだけの効果になります。すごい大きいですよね。

個人的な印象ですが、流入を増やすためのSEO対策やデジタルマーケティング施策各種、ウェブ広告の運用最適化は多くの会社で議論されていますが、フォーム効率を徹底的に突き詰めてやっています!という会社はあまり出会ったことがありません。そもそも、予約フォームまでたどり着くユーザーは、来館予約や資料請求などのアクション意欲がとても高いはずなのですが、フォームのユーザビリティが低いことで予約機会をロスしているのであれば非常にもったいないと思います。

では次から、このフォーム到達後の離脱率を下げるための施策「EFO」について詳しく書いていきます。

 

結婚式場ホームページの役割とユーザー導線

具体的なEFO施策の前に、結婚式場のホームページの役割とメインコンテンツ、ユーザーの基本導線について整理しておきます。もし下記以外の目的で運用されている場合は(例えばフォームのないブランドサイト、など)当てはまりませんのでご注意ください。

ホームページの役割

結婚式場であれば、ゲストハウスやレストラン、ホテルなど会場タイプに関わらず、自社会場のホームページを持っていることが一般的ですが、用意する目的は主に「来館予約の獲得」や「資料請求の獲得」などのユーザーアクションを喚起することです。もちろん、これ以外にも列席者向けにアクセスページを用意することで迷わないようにする、などの理由もありますが、集客上の目的がメインと言えます。

ホームページ内の主なコンテンツ

会場によって多少異なりますが、一般的には以下のようなコンテンツを用意していることが多いです。

  • 会場コンセプトやこだわり
  • フォトギャラリー
  • プラン
  • ブライダルフェア
  • パーティレポート
  • プランナーブログ
  • アクセス
  • 来館予約、資料請求、お問合せのフォーム

これらのサイト内コンテンツを公開し、結婚式場集客に結びつけます。

一般的ななユーザー導線

結婚式場ホームページ内のユーザー導線

1.ホームページへの流入

ホームページへの主な流入経路には以下のような方法があります。

  • 自然検索(指名)
  • 自然検索(一般)
  • SNS(Instagram、Facebookなど)からのリンク
  • ウェブ広告(リスティングやディスプレイ広告など)
  • 外部サイト(ウエディングパークや花嫁ブログなど)からのリンク

ランディングするページはトップページがメインですが、ウェブ広告からは専用LPを用意することが多いでしょう。

2.サイト内コンテンツの閲覧

ホームページ内の主なコンテンツは先ほど書いた通りですが、サイトに遷移してきたユーザーがいきなり予約アクションを取ることはまずありません。列席者を除き、結婚式場を探しているユーザーは何かしらの興味関心を持ってサイトに来訪しているわけですから、「どんな式場なのかな?」「いくらくらいの費用なのかな?」「これまでどんな結婚式をしてきているのかな?」など、いろいろな情報を見てから、実際に来館したい、資料を見てみたいを思ってアクションを起こすのです。特に結婚式という商材は、人生に一度きり、かつかなりの高額商品なので、ノリや勢いだけで決める人はほとんどおらず、サイト内のコンテンツもじっくりと見てから行動するユーザーが多いと思います。

3.フォームへの遷移

上の図ではフォーム、と一括りにしていますが、結婚式場ホームページの主なフォームとしては以下の5つが挙げられます。

  • ブライダルフェア予約フォーム
  • 来館予約フォーム
  • 資料請求フォーム
  • 空き状況お問合せフォーム
  • 一般お問合せフォーム

ブライダルフェア予約フォームはゼクシィのAPIを使うなど外部サイトへ遷移させているものもあります。サイト内のコンテンツを見て興味を持ったらいずれかのフォームに行くので、これらのフォームへの導線は分かりやすく設定しておく必要があります。

4.アクション完了

フォームへの情報入力、確認画面を経て、完了するとサイト目的は完了です。

このように、ホームページで起こるユーザーアクションは、流入→サイト内回遊→フォーム遷移と複数のステップを経てきてようやくたどり着いているものであり、せっかくここまで来たのにフォームで離脱してしまうのは非常にもったいないのです。そこで次から、このようなコンテンツのホームページに、上記のようなユーザー導線で流れてくることを前提に、フォーム最適化でできる具体的な施策について解説します。

 

結婚式場ホームページのフォームで最適化すべきこと

フォーム内でユーザーが離脱してしまうポイントは主に以下の6つの要因が考えられます。

  1. フォームが長い(項目数が多い)
  2. フォーム入力の段階が多い
  3. 一度入力した内容がリセットされてしまう
  4. 必須項目がわかりにくい(確認ボタンでエラーが出る)
  5. 半角全角など細かい入力指定がある、かつわかりにくい
  6. フォーム内にTOPもしくは他ページへのリンクがある

ここ数年のスマホの普及により、EFO要件も変化してきています(PCとスマホでは使い勝手の良さが違うため)。特にブライダルはスマホを使った結婚式場探しが7割以上とも言われているので、スマホフォームの最適化は重要になります。それぞれ具体的に解説します。

1.フォームはできるだけ短くする(入力必須の項目数を減らす)

EFOのポイント①フォームの長さ

フォームは短い方が完了率が上がります、特にスマホフォームの場合は縦スクロールが長いほど離脱する確率が高くなるので、短かければ短い方がいいです。ブライダルの場合だと例えば来館予定人数とか挙式希望時期、結婚式のイメージなどを必須項目としているフォームも見かけますが、これらの項目は来館予約確認電話のや事前のメールのやり取りのタイミングでも確認が取れるので個人的な意見としてはいらないと思います。とにかく、ウェブサイトのフォームは項目を極限まで減らして短くするのが鉄則です。

2.フォーム入力の段階をできるだけ減らす

EFOのポイント②:フォームのページ数

入力しなければいけないページ数が多いとやはり項目も多くユーザーの負担が大きくなるので離脱率が高くなります。ただ、ここは工夫次第で改善できるポイントでもあり、どうしても入力してもらう項目が多くなる場合はあえてページ数を増やし、縦スクロールではなくJavaScriptで画面遷移させる(URL遷移は無し)と言うのも1つの手です。特に、タップするだけでサクサク次のページに進んでいくフォームは特にスマホユーザーにとっては使い勝手がいいので、きっちり作りこめるならこちらの方がいい場合もあります。

個人的によくできていると思うのはプラコレのフォームです(リンク)。ページは進んでいくように見えますがURLは変わっていないためリロードの時間がかからず、ページ数や遷移数は多いのにユーザビリティのかなり高いフォームだと思います。

3.一度入力した内容を保存する

一度入力した項目を修正するときに確認→戻るボタンを押した場合、これまで入力していた内容がすべて消えてしまうとやる気をなくすユーザーは多いです。面倒くさいからですね。一度フォームに入力された内容は画面上に残しておき、上書きで修正できるようにした方がいいです。

4.必須項目がわかりやすくする(確認ボタンを押す前にエラー表示する)

フォーム内には「必須入力項目」と「任意入力項目」がありますが、これの違いが分かりにくいと入力しなければいけない項目をスルーしたまま確認ボタンを押し、確認画面でエラー表示が返ってくることが増えます。そうすると何が不備なのかがわかりにくく、結局離脱してしまうユーザーが増えてしまいます。

必須項目には赤背景白抜き文字など目立つ装飾を施してわかりやすく、かつ、入力中(確認ボタンを押す前)に未入力またはエラーがあることを表示できるようにした方がいいでしょう。

5.半角全角など細かい入力指定はわかりやすくする

電話番号や郵便番号など数字を入力させるフォームで

  • 数字が半角全角の指定
  • ハイフンの有無

などの指定をどこまでするか、それ以外にも住所はどのように入力させるかなど細かな指定をしすぎる(かつわかりにくい)とユーザーはどのように入力していいかわからず離脱してしまう確率が高くなります。

このような細かい指定をする理由はフォームに入力した項目を自社内データベースに自動連係していて、データベース内の項目と一致させるためという理由がメインですが、そのデータを使って有益な分析ができないのであれば、フォームのユーザービリティを向上させた方がいいと思います。

6.フォーム内にTOPもしくは他ページへのリンクを設定しない

フォームでは極力入力させる項目以外の情報は排除しましょう。せっかくフォームまで到達したのに別のページに遷移してしまうのは非常にもったいないです。ただPマーク関係のレギュレーションやLAPなどウェブ広告を出稿する場合、プライバシーポリシーや個人情報保護に関する規約へのリンクが必須要件になっていることがあります。その場合はリンクに「target=”_blank”」を設定し、別タブを開く形にし、入力途中のフォームページは残すようにしましょう。

 

フォームを改善する方法

ここまで、具体的な改善ポイントについてまとめてきました。最後に、ではどのようにフォームの改善をしていくのかその方法についてまとめます。

サイトのフォームを直接改修する

改善ポイントが明確で、確実に行ったほうがいいだろうと言う場合はすぐに修正したほうがいいでしょう。自社で改修する場合はスピード感を持って取り組めることがメリットになります。一方、注意すべきはポイントとしては

  • 連携しているデータベースとの整合性をきちんととる(開発の要件定義は大事)
  • 開発を外注している場合は都度コストが掛かる
  • あまり頻繁に変えすぎると効果検証が難しい
  • 改修履歴を残しておかないと、一番良かった時がどんなだったかわからなくなる

といった点があるので、よほど改善に自信がある場合以外はあまりオススメではありません。

EFOツールを使う

EFOツールとは、簡単に言うと細かなEFO施策を簡単にできるようになるツールのことです。個別開発に比べてASP型のEFOツールは「導入が簡単」、「運用スピードが速い」、「コストメリットが高い」といった点がメリットで、月々数万円~でフォームの変更やA/Bテスト、効果検証ができます。ツールについての詳細説明はここでは割愛しますが、代表的なEFOツールとしては以下のようなものがありますので、興味があればご覧ください。

f-tra EFO

f-traEFO

ウェブサイト:https://f-tra.com/ja/efo/

f-tra EFOは株式会社エフ・コードが提供しているEFOツールで、管理機能、設定機能、解析機能が見やすく使いやすいことが特徴で、HTMLやCSSなどコーディングの知識がない人でも設定変更が容易に行うことができます。料金は無料トライアルが1カ月あり、月額3万円から利用できます。(※フォーム×デバイス数による課金)。導入件数は2,904件。

Gyro-n EFO

Gyro-n EFO

ウェブサイト:https://www.gyro-n.com/efo/

LPOツールやABテストツールも提供している株式会社ユビキャストのEFOツールで、他のツールと比べ、サポートが強いことが特徴です。料金は無料トライアル期間が1カ月あり、月額16,200円から利用できます。(※UUによる課金)。

ナビキャストフォームアシスト

navicast

ウェブサイト:https://www.showcase-tv.com/formassist/

マーケティングSaaS事業や広告メディア事業を運営している株式会社ショーケース・ティービーのEFOツールで、他のツールと比べ、導入事例が非常に豊富であることが特徴です。導入件数は4,376件。

EFO CUBE

EFOCube

ウェブサイト:https://www.efo-cube.info/

EFO CUBEは株式会社GeeeNが提供しているEFOツールで、Yahoo! JAPAN IDやFacebookアカウントとの連携機能のあるツールであることが特徴です。料金は月額50,000円(※フォーム数による課金)。

スマートUPフォーム

smartupform

ウェブサイト:http://suf.jp/

スマートアップフォームはデジタルマーケティングのコンサルティング業などを運営する、Vogaro株式会社が提供するEFOツールで、初期導入費用だけでランニングコストが掛からないことが特徴です。

 

まとめ

EFOについて、概要や具体的な改善ポイント、方法をまとめました。繰り返しになりますが、ホームページに来訪しせっかくフォームまで来てくれたユーザーをみすみす離脱させてしまうのは非常にもったいないです。サイト改善、と聞くと難しそうな印象もありますが、最近では簡単にテストや修正ができるツールも充実しているので、この機会にぜひ一度検討されてみてはいかがでしょうか?

 

おわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブライダル企業の課題を解決する!法人向けソリューションサービス一覧はこちら

ブライダル業界の課題を解決する様々な法人向けサービスをご紹介しています。

 ●集客改善ブライダルコンサルタント

 ●総合ブライダルコンサルタント

 ●ITシステムソリューション

 ●新規/打合せの担当・接客代行

など、今後も随時追加予定です。業績改善や新規事業の企画などにぜひご相談ください。


ブライダル業界の法人向けサービス一覧はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*