更新日 2019年03月23日

「仕組み化・見える化」を目的にブライダルコンサルティングを依頼するときのポイントまとめ

事業の仕組み化でブライダルコンサルティングを依頼するときのポイント

結婚式マーケットが縮小傾向に入り、これまでと同じ経営方針、集客・営業手法ではうまくいかなくなってきている結婚式場も増えてきているのではないでしょうか。サービスの多様化、ユーザーの価値観の変化、スマホやSNSの普及などブライダル以外のマーケットもめまぐるしいスピードで変化しており、変化に対応した適切な施策を実行していくためには自社の状況を常に正確に把握していくことが必要です。ただ、そういった環境を自分たちで構築するのはなかなかハードルが高く、外部のコンサルタントを頼るべきシーンもあると思います。そこで、今回の記事では会社や事業の仕組み化・見える化を目的としてブライダルコンサルタントに依頼する場合の注意すべきポイントをまとめました。結婚式場の責任者など管理職の方にとって参考になればと思います。

ブライダルコンサルティング会社とは?

まず「コンサルティング」とは何かについてですが、一般的にコンサルタントもしくはコンサルティングとは「クライアントの経営上の課題を明らかにし、その解決策を提示するまた実行フェーズまでを行うこと(職業)」と言われています。よく言われるのは「会社のお医者さん」と例えられることが多いですね。
おなかが痛ければ内科に行き、目の調子が悪ければ眼科に行き、花粉が辛ければ耳鼻科に行くのと同じように、会社の中で人事課題があれば人事/HRコンサルタント、会社の経営方針について悩んでいれば戦略コンサルタント、システムの導入や改修を検討しているならITコンサルタントに相談する、といった具合です。
コンサルティングは会社のお医者さんと例えられるよ
世の中には自称も含めるとかなりの数のコンサル会社やコンサルタントが存在しますが、コンサルタントが得意とする領域と、相談したい・解決したい経営課題がマッチしていないと多くの場合うまくいきませんので、外部のコンサルタントに依頼するときはその点に注意が必要です(軽めの営業マンは「何でもできます!」って言ってきますが、だまされないように気を付けてくださいね)。
ブライダルコンサルティング会社とは、ブライダル業界の課題解決のサポートを専門に行っているコンサルティング会社のことです。もう少し細かく言うと、ブライダル企業の課題といっても

  • 集客・マーケティング
  • 営業・セールス
  • 打合せ・単価アップ
  • 組織設計・採用・育成
  • 経営戦略・事業戦略

など様々なので、ブライダル業界特化の〇〇コンサルティング、まで言っている特化型コンサルティング会社もありますし、業界特化でどんな課題でも対応します、ちう業界特化型総合コンサルティング会社もあります。
今回の記事では、会社や事業の仕組み化に課題がある会場が、ブライダルコンサルティング会社に相談するときにどんなことを注意したらいいかのポイントをまとめます。
仕組み化が得意なブライダルコンサルタントとは
 

結婚式場運営における仕組み化の課題

結婚式場の抱える仕組み化の課題は、以下のようなことが多いです。

  1. 現状の数字がわからない
    • 今月の数字が今どういう進捗なのかわからない
    • 成約数と売上はまだわかるが、来館者別など詳細数値はがわからない
    • 数字が紙、またはエクセルで集計にものすごく時間がかかる
    • 月次で締めてみるまでPLの予測ができない
  2. 未来予測が立てられない、感覚で作っている
    • 成約目標と売上目標が紐づいていない
    • 決算期に合わせた営業戦略が取れていない

などなど。仕組み化というか数値の可視化の課題とも言えますね。仕組み化に強いブライダルコンサルタントはこれらの課題を解決してくれるスペシャリストですが、ただ漠然と何とかしてください!とお願いしてもよほどスキルが高くなければ、要件定義から始めましょう(=お金が余計にかかりますよ)となってしまいます。そのため、依頼前に少なくとも整理しておきたいポイントをまとめます。
 

コンサルティング会社に依頼する前に明確にしておきたいポイント

目的を明確化する

仕組み化に限らず、コンサルタントに相談するときは、目的をできるだけ詳細に決めておくことが大切です。数値や仮説が間違っていてもかまいません。まずは自分たちなりの改善策を考えておくことが重要です。そのように考えておくことによって、コンサルタントに「この人たちは何もわかってないな」と足元を見られることもないですし、課題解決の施策を検討していく会話もかみ合うことが多くなります。
ただ、仕組み化の場合は目的を明確化する、と言われてもあまりピンとこないことが多いと思います。なぜなら「仕組み化された状態」を具体的にイメージできないことが多いからです。
こういった場合に私がおススメするのは「意思決定するときの判断基準を明確にする」ことを目的にすることです。経営をしていると意思決定をするシーンは大小問わず山ほどありますが、これらの判断するときはこのKPIがどうなっていたらこうする、と明確にすることで経営の効率化が図れますし、スタッフ間の意思疎通も図りやすくなります。

  • 広告の出稿配分を決める時の基準=CPA、獲得反響数
  • 新規接客のアサインの序列を決める基準
  • 新規接客時にオススメする施行枠のシーズン、曜日、時間帯
  • 新規接客時の値引き額のロジック
  • 打合せのアサインを決める基準
  • 新規出店するかどうかを決める基準
  • スタッフや支配人の評価基準

などなど。これらの基準が主観や感覚で行われていると振り返りもできないですから、どの数字で見るか、なぜその数値なのかの根拠を決めることが仕組み化コンサルティングの目的と言えると思います。

現在のシステムや顧客情報の管理状況を整理する

仕組み化を進める場合に絶対に必要になるのがデータです。集客、営業などの各種数値に経営上のBSやPLまで、対象とする範囲にもよりますが様々な数字が必要になります。
そのため、今の各種データがどういった方法で管理されているのか、紙なのかシステムなのか、そのデータはどうやったら取得可能なのか、といった点は相談前にある程度把握しておくとコンサルタントに相談するときにスムーズになります。

予算額と期待する時期を決める

また、支払える予算と時期も決めておきましょう。設定した目標数値と期間を先に決めておき、その条件下で御社だったら何ができるのか?というスタンスで提案をしてもらうのがコツです。ここを決めてから契約をスタートさせないとズルズルと毎月コンサルフィーだけを取られてしまいますし、このコンサルタントに仕事を依頼して成功だったのかどうかの判断もできません。
もう少しで成果が出ます、いい感じで上がってきているので(KPIが)あと少しです、などといって契約を引き延ばそうとするのは悪徳業者の常とう手段なので、先に期限と予算を決めておくことは大事です。
 

仕組み化コンサルティングができる会社

最後に、ここまで書いたような事業の仕組み化や見える化に対応してくれる(と思う)ブライダルコンサルティング会社をご紹介します。実際にサービスを受けたことはないですが、サイト上で公開されている情報や業界誌などでの活躍を見て、って感じな根拠なのであくまで参考程度にご覧ください。

アナロジー

自薦で恐縮ですが、弊社です。ホームページを用意していないのでこちらのブログがサイトのようなものですが、事業の仕組み化については自信があります。私自身が結婚式場運営企業の企画部門責任者として働いていた時の経験や知識を活かした具体的な改善策だけでなく、システムやエクセルなどを使った業務ツール作成なども得意としているので、オペレーションの理解を土台とした最適なソリューションを提供します。
少数精鋭のチームで運営しているためパッケージ化したコンサルティングメニューは用意していませんが、このブログに書いてあることはだいたいご提案可能なので、もしご興味ありましたらこちらからお問合せください。

リクシィ

gensen wedding、Chooleを運営する株式会社リクシィが提供するコンサルティングサービス。ブライダルとインターネットビジネスで実績を残したメンバーが少数精鋭でチームアップされたコンサルティングを提供しています。
経営レベルの上流の話から現場レベルまで幅広く対応してくれますし、提供しているコンサルティングメニューの中にも「各種KPI管理の最適化」と明記されていますので、いい提案をしてくれるのではないかと思います。
また、今回ご紹介した会社以外にも、もっと詳しく知りたい方は以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。
(リンク)ブライダルコンサルティング会社まとめ
 

仕組み化のブライダルコンサルティングについてまとめ

コンサルティングを依頼するときのポイントをまとめました。特にマーケットがどんどん縮小してきている今では、最適なタイミングで最適な施策を打ち続けていくことが生き残る絶対条件となりつつあります。スピード感を持った意思決定をしていくためにも、経営状態や営業状態を正確にリアルタイムに把握するためにも、外部の意見も適切に取り入れつつ、それぞれの式場にとって最適な施策を実行していってもらえればと思います。
 
おわり

市川 貴之

この記事を書いた人
市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル業界で働く人のよりどころに」をビジョンに掲げ、ブライダルコンサルティング、ブライダル業界専門の転職支援サービスを運営しています。お仕事の依頼は「お問合せ」、転職のご相談は「ブライダル専門の転職相談」からお受けしております。

CATEGORY同じカテゴリーの記事