結婚式場の直近希望者の成約率を高めるための方法まとめ

結婚式場で直近希望者を集客するための方法まとめ_サムネイル

3月末決算の会社では10月から下期に入りました。そろそろ今期業績の着地見込みも見えてくるころですが、最後の追い込みをかけたい会社もまだ多いのではないでしょうか?このタイミングから今期の業績をもうひと伸びさせるには今期での結婚式を希望するお客様の来館数を増やすか成約率を上げるかのどちらかが必要です。そこで、今回の記事ではこのうちの成約率にフォーカスし、直近希望者の成約率を高めるための方法をまとめました。

続きを読む

結婚式場に直近希望者を集客するための方法まとめ

結婚式場で直近希望者を集客するための方法_サムネイル

3月末決算の会社では10月から下期に入りました。そろそろ今期業績の着地見込みも見えてくるころですが、最後の追い込みをかけたい会社もまだ多いのではないでしょうか?このタイミングから今期の業績をもうひと伸びさせるには今期での結婚式を希望するお客様の来館数を増やすか成約率を上げるかのどちらかが必要です。そこで、今回の記事ではこのうちの来館にフォーカスし、直近希望者を呼び込むための集客方法をまとめました。

続きを読む

二次会受注率が高い打合せプランナーの特徴とは?

二次会受注率が高い打合せプランナーの特徴とは_サムネイル

結婚式の2次会を受注することは、結婚式場の開いている施行枠を効率的に稼働させる、売上を確保できる、顧客満足度が上がるなど多くの観点から取扱い商品の中でも重要なアイテムの1つと言えますが、披露宴と違う雰囲気で行いたい、予算はできるだけ押えたい、といった結婚式とは異なる新郎新婦ニーズなどの理由から、自社会場での2次会受注に苦戦しているという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回の記事では2次会受注率の高いプランナーの特徴や実行していることをまとめました。2次会受注率に課題を感じているプランナーの方だけでなく、会場として売上目標達成を目指す戦略の為にもリーダー・支配人の方も参考にしていただければうれしいです。

続きを読む

自社集客を強化してブライダル媒体集客への依存度を下げる方法とは?

ブライダル媒体からの集客依存度を下げる方法_サムネイル

結婚式場の集客って大変じゃないですか?費用対効果が悪化してきているからもっと広告宣伝費も抑えたいし、その上で来館数も伸ばしたい。でも広告宣伝費を減らして来館がさらに減ってしまってはそれも困る。。だから怖くて減らすこともできずにジリジリと現状のまま時間だけが経ってしまう…。そういう課題を持った会社は多いと思います。そこで、今回の記事では、ブライダル媒体への広告投資以外に自社集客をするための方法をまとめました。キーワードは「施策の資産化」です。

続きを読む

ブライダル業界で働く人のためのよくわかる「AI(人工知能)」講座

ブライダル業界で働く人のためのよくわかるAI(人工知能)_サムネイル

AIが仕事を奪う、といった話を耳にしたことがある人は多いと思いますが、AIとはいったい何なんでしょう?人の要素が多分に絡むブライダル業界でも同じくAIが入っていく未来は予測があるのか?今の自分たちの仕事は将来も大丈夫なにか?など不安に感じている人もいるでしょう。そこで、今回の記事では、ブライダル業界で働く人向けにAIについてわかりやすくまとめました。興味ある方は是非ご覧ください。

続きを読む

新郎新婦もゲストも負担0円!?次世代ウェディングのビジネスモデルとは?

次世代の結婚式のビジネスモデルとは_サムネイル

ブライダル業界の課題はたくさんあるわけですが、70人近い結婚式列席者がみんなそろってピン札3枚持って「おめでと~」とわざわざ時間割いて来てくれているのに、祝福されたはずの新郎新婦の懐には1円も残らず、むしろ出費してるケースがほとんどであること、これはかなり大きな課題点だと思っております。人生最大のお祝いイベントなのに誰の財布も祝われていない。これはいかん!ということで、お財布目線で次世代ウェディングのビジネスモデルを考えてみよう、という趣旨の記事です。

続きを読む

ブライダル業界の未来予測をするときに教育業界が参考になると思う理由とは?

ブライダル業界の未来予測に教育業界が参考になる理由とは_サムネイル

結婚式場を運営している企業にとって、自社の予算や計画を立てることももちろん大事ですが、ブライダル業界全体でどういったことが起こっていくかを想定することも同じく重要です。というのも、短期的な視点での最適化される施策であっても、これからの時流やマーケットの動きと逆行するような施策や投資であれば長期的にはマイナスになる可能性が高いからです。マーケットの予測をするときの1つ方法が他の業界で起こっていることが参考になるという点。今回の記事では、一見全く関係のなさそうな教育業界でこれまで起こってきたことをもとに、ブライダル業界のこれからがどうなるかを考えてみました。

続きを読む

なぜブライダル業界はITに弱いままなのか?

ブライダル業界はなぜITに弱いままなのか?_サムネイル

ブライダルはITに弱い業界です。最先端とまでは言わなくても、世の中のスタンダードなレベルのITを取り入れられると、プランナー業務効率が上がり生産性が向上するだけではなく、最終的には新郎新婦に提供する付加価値までつながります。にもかかわらず、なかなかITやテクノロジーを取り入れいる会社も増えず、現在もITに弱いままです。それには明確な理由があります。今回の記事ではブライダル業界はなぜITに弱いままなのか、その理由についてまとめてみます。

続きを読む